【この差】「生サンマ」と「解凍サンマ」の脂ののり方の差

みんなの「この差」 この差キッチン この差 雑学


 
専門家:渡邉一功(漁業情報サービスセンター

 
この差は・・・

11月は「解凍サンマ」の方が脂がのっている

「生のサンマ」と「解凍サンマ」の断面を比べると、「解凍サンマ」の方が脂の層が厚い

 
なぜ「解凍サンマ」の方が脂がのっている?
8~9月の一番脂がのる時期に捕って冷凍したサンマが「解凍サンマ」。
毎年サンマが捕れ始める8~9月、サンマはエサが豊富な北海道近海にやってくる。そこで栄養を蓄えて丸々と太った脂ののったサンマになる。11月に店頭に並ぶ「解凍サンマ」は、8~9月に捕れたサンマを冷凍保存しお店で解凍したものなので、たくさん脂がのっている。
 
11月に店頭に並ぶ「生サンマ」は、10月以降、北海道から産卵場所の和歌山近海に南下してきたものなので、長い移動で細くなってしまい脂が少なくなっている
 
8~9月のサンマの脂の量は・・・「生サンマ」=「解凍サンマ」
11月のサンマの脂の量は・・・「生サンマ」<「解凍サンマ」

 

【minnano編集部】
お魚は解凍されたものより生の方が美味しい!と思い込んでいましたが、時期によっては逆のこともあるのですね!?それぞれのお魚の旬の時期、脂ののる時期を知って、良い食材選びをしたいものです!
みなさんは、サンマはどのようにして召し上がるのがお好きですか?オススメのサンマレシピはありますか?みなさんのサンマレポ、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2015年11月1日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)
 

pay3

関連記事