【この差】市販のカレールーでつくる「和食のプロのカレー」の差(パート2)

 

和食のプロの作ったカレー

専門家:武本賢太郎(日本料理TAKEMOTO 店主)

和食のプロに、「市販の固形ルー」と「スーパーの食材」で、4人分のカレーを作ってもらった!一体どんな味の差が?

 
和食「鯛づくしカレー」 4人分材料

 ・バーモントカレー(中辛):3片

 ・昆布かつおだし :1200ml
 ・かつお厚削り :20g
 ・薄口しょうゆ、酒、みりん :30ml

 ・しょうが(皮付) :30g
 ・赤だし味噌 :大さじ1
 ・白ごまペースト :大さじ1
 ・下仁田ねぎ :1本/かぶ 2個

【しんじょう】
 ・鯛切り身 :1枚
 ・卵白 :2個分
 ・昆布だし :30ml
 ・塩 :小さじ1

【唐揚げ】
 ・鯛切り身 :1枚
 ・塩、こしょう、片栗粉 :適量
 ・黄身 :4個
 ・小麦粉、天ぷら粉、ゆずポン酢 :適量

 
和食のプロ 下ごしらえの差

1、鯛の半身をぶつ切りにし、フードプロセッサーで卵白(卵黄は別にとっておく)と一緒にすり潰して、「鯛のしんじょう」を作る。


 

2、「鯛のしんじょう」を「カツオと昆布のダシ」と「生姜」で下茹でしておく。


 

3、「鯛の切り身」を一口大に切り、「塩コショウ」で下味を付け、表面に「片栗粉」を付けたら約180℃の油で揚げておく。


 

4、「下仁田ネギ(普通のネギでも可)」の両端をカットし、フライパンで両面に焼き目を付ける。


 

5、「焼いた下仁田ネギ」を縦に割いて食べやすい大きさに切っておく。


 

6、「カブ」は、4等分にして面取りをするだけで下ごしらえ完了。

 
和食のプロ 煮込み方の差

1、鍋に「カツオと昆布のだしで作った出汁」に、さらに「圧削りのカツオ」を加えて3分程温めたら、「しょうゆ」、「みりん」、「お酒」を加えておく。


 

2、「出し汁」に「市販のバーモントカレー(中辛)」を通常の3/4を溶かす。


 

3、味噌、ゴマのペーストを加えてコクととろみを増す。

 

4、そこに下ごしらえしておいた「カブ」、「下仁田ネギ」、「鯛しんじょう」、「鯛のから揚げ」を入れたら、「和食のプロが作るカレールー」の完成。

 
和食のプロ カレーのご飯の差

1、炊飯器に入れたお米に、出汁と「みじん切りにしたショウガ」、焼き目をつけた「鯛の半身」を入れ、炊き込むと鯛飯の完成。

 

2、鯛飯をお皿に盛り、カレーをかけ、隠し味に「ゆずポン酢」をかける。

 

3、とっておいた「卵の黄身」に「小麦粉」をまぶして、30秒程揚げた「卵の黄身の天ぷら」をトッピングすれば出来上がり!

 

【minnano編集部】
「和食のプロのカレー」は、「スーパーで買った食材」と「市販のカレールー」で作ったとは思えない出来ですね。編集部でも試してみましたが美味しくできましたよ!こんなカレーが食卓に出てきたら、きっとご家族も驚かれるのではないでしょうか?!
プロのカレーレシピを参考にしたトライレポや、みなさんオススメのカレーレシピレポ、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2016年1月17日放送)」をチェック!!専門家のわかりやすい解説と出演者のトークが楽しめますよ!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)
pay3