【この差】「名産地 広島県安芸郡で食べる カキ料理」の差|産地おすすめのカキレシピ

minnano-22-kaki

産地ならではのカキ料理

<一般出的な家庭のカキ料理ベスト3>
 1位:カキフライ
 2位:牡蠣鍋
 3位:バターソテー

<名産地 広島県安芸郡のカキ料理NO.1>

 1位:カキフライ
 
 


 

カキフライ


この差は・・・

 牡蠣を3つまとめて広島菜で包んで揚げる

3つまとめて牡蠣を揚げると、1つで揚げた場合と比べ油に触れる面積が小さくなるため、ジューシーに揚げることができる。

【作り方】
 1、牡蠣を広島菜(小松菜、チンゲン菜でも可)で3つまとめて包む。
 2、包んだ物を小麦粉と卵、パン粉につけて5分程油で揚げれば出来上がり。
 ※さらにタルタルソースも広島流にする場合は、ピクルスの代わりにらっきょう漬けを使う。

 
 

牡蠣の土手鍋


この差は・・・

土手を作らずに事前に手鍋で味噌を下ごしらえする

【作り方】
 1、手鍋に赤味噌を入れ日本酒、みりん、砂糖を加えて手鍋で3分程混ぜながら軽く焦がして風味をつける。
 2、下ごしらえした味噌をお湯が入った土鍋に溶かせばスープの完成。
 3、牡蠣の下ごしらえは、まず塩水で牡蠣を洗い水分を抜くことで味を染み込みやすくする。
 4、塩水で洗った後、余分な水分を切って片栗粉をつける。片栗粉は牡蠣のヌメリをとって、うま味を保つ効果がある。
 5、最後に土鍋のスープに、片栗粉をつけた牡蠣、くあい(里芋でも可)などの野菜を入れて10分程煮込めば広島流牡蠣の土手鍋の出来上がり。

 
 

麻婆牡蠣


【作り方】
 1、フライパンでひき肉を炒め、スーパーで売っている麻婆の素を入れる。
 2、通常の麻婆豆腐を作る場合に豆腐を入れるタイミングで牡蠣を入れて水溶き片栗粉でとろみをつけて温めると出来上がり。

 
 

牡蠣の揚げ餃子


【作り方】
 1、餃子の皮に刻んだキャベツを入れ、その上に牡蠣を丸ごとのせて包みこむ。
 2、包んだ物を170℃程の油で4分程揚げたら牡蠣の揚げ餃子の完成。

 

【minnano編集部】
カキを3つまとめて揚げる、産地ならではのカキフライ、ボリュームがあって美味しそうですね!「麻婆牡蠣」や「牡蠣の揚げ餃子」もなかなか思いつかない、さすが産地!というお料理ですね。
みなさんぜひ産地レシピを試してレポして下さいね。オススメのカキレシピもお待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2016年1月17日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)
 

pay3