【この差】「玉ねぎを切るときに目がしみない方法」の差


 
専門家:田中久美(武蔵野調理師専門学校

 
この差は・・・

 1位:冷凍庫で冷やす
 2位:鼻にティッシュを詰める
 3位:包丁を水で濡らす
 4位:割り箸をくわえる


インターネットや雑誌などで取り上げられている方法の中から効果があるとされている4つで実験。

 

街の人100人にアンケート「どれが一番効果があると思いますか?」

 冷凍庫で冷やす・・・55人


 鼻にティッシュを詰める・・・22人


 包丁を水で濡らす・・・19人


 割り箸をくわえる・・・4人

 

【実験】どの方法が1番目がしみないか?

5人の女性に協力して頂き、玉ねぎ1個をみじん切りにして目がしみるまでの時間を計測

5人の平均タイムで順位を決定する。
普通に玉ねぎをみじん切りにした場合、目がしみるまでの平均時間は57秒だった。

 

【実験結果】1番効果があったのは、玉ねぎを冷凍庫で冷やす!

 冷凍庫で冷やす・・・4分13秒

 鼻にティッシュを詰める・・・2分1秒

 包丁を水で濡らす・・・1分49秒

 割り箸をくわえる・・・1分11秒

「冷凍庫で冷やす」方法では、ほとんどの人が、目にしみることなくみじん切りを終えた。

 

なぜ玉ねぎを冷凍庫で冷やすと目がしみない?

玉ねぎに包丁を入れると、鼻や目を刺激する「硫化アリル」が出る。

「硫化アリル」は低温だと気化しにくい性質を持っているので目がしみにくくなる

冷凍庫で5分ほど冷やせば効果が出る!

 

【minnano編集部】
玉ねぎをみじん切りにする際はゴーグルをつける、なんていう方もいらっしゃるのではないでしょうか?少しの時間冷凍庫で冷やすだけで、目がしみにくくなるとは驚きです?!よかったらお試しください!!
みなさんはお料理をより快適に、また時短にするためされていることはありますか?みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2016年3月20日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)

pay3