【この差】「東京のスーパー」と「長野県塩尻市のスーパー」の差~「ショウガの佃煮」「コイのうま煮」レシピも大公開~

#32-minnano-super-nagano
長野県は都道府県別平均寿命ランキングで男女ともに1位になるご長寿県。(H22厚生労働省調べ)
#32-super-3#32-super-4png

ご長寿の長野県のスーパーで売られている商品を見れば、ご長寿の秘訣が分かるかも!?

 


☆☆☆ 長野県塩尻市のスーパーでこの差に驚いたランキング3位 ☆☆☆

ショウがデカい!

#32-super-5png
長野県は野菜の摂取量が全国1位!
長野県のスーパーでは野菜売り場がとても広い。その中でも驚いたのが大きな生姜!2kg入りの生姜も売られている。
寒い地方なので体を温めるため、長野では昔からよくショウガが食べられていた
さらに、ショウガは老化の原因物質である『活性酸素』を取り除く
長野県では、この大きなショウガを佃煮にして食べている。

〇ショウガの佃煮

#32-super-7
【作り方】
1、しょうゆ・砂糖を入れた鍋に薄切りにしたショウガを加える。
2、水分がなくなるまで煮込めば、ショウガの佃煮の出来上がり。

 


☆☆☆ 長野県塩尻市のスーパーでこの差に驚いたランキング2位 ☆☆☆

きのこがなんと43種類

東京のスーパーでは10種類ほどのキノコしか売られていないが、長野県のスーパーでは約4倍の43種類のキノコが並ぶ
長野県は冬の間雪に覆われる為、昔から室内で作ることが出来るキノコ栽培がさかんエノキ、しめじ、ナメコの生産量は全国1位
免疫力が上がると言われるキノコの消費量が全国トップクラス。

 

〇長野のスーパーにある色々なキノコ

シャキシャキとした食感の巨大シメジ「ぶなクイーン」
#32-super-8
生産量が非常に少ない国内産「生きくらげ」
#32-super-9
別名アワビ茸と呼ばれる「白麗茸」
#32-super-12
食感がアワビに似ている白麗茸は栽培が難しく大量生産が出来ない為、東京ではあまり流通しない。白麗茸は肉厚なのでステーキのように焼いたり、衣を付けてカツのように揚げたりして食べられている。


☆☆☆ 長野県塩尻市のスーパーでこの差に驚いたランキング1位 ☆☆☆

鮮魚売り場にコイが!

#32-super-18
長野県では、コイの家庭料理は当たり前。海のない長野県では、江戸時代から佐久地方でコイの養殖がさかんで、コイを食べる食文化がある。
海の物は貴重なためコイがご馳走。法事・お葬式・お祝い事の時はいつもコイを食べていた。
コイは薬用魚と言われるほど栄養価が高く、特に疲労回復に効果があるビタミンB1を多く含む
#32-super-14
<出典:日本食品標準成分表2015年版(七訂)>
〇コイのうま煮
#32-super-16

【作り方】

1、鍋に濃口しょうゆ・酒・みりん・砂糖を入れ、一度煮立たせる。
2、輪切りにしたコイをそのまま入れ、臭み取りの為ゴボウを入れて一緒に煮る。(ウロコは煮込むことでゼラチン質が溶け出し柔らかな食感になる)
3、二時間程煮込めば、コイのうま煮の出来上がり。


※「この差って何ですか?(2016年5月29日放送)」をチェック!!専門家のわかりやすい解説と出演者のトークが楽しめますよ!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)

pay3

★お出かけされた際は、地元スーパーにぜひ寄ってみてください!いつものスーパーでは見かけない食品や商品に出会えるかもしれません!!みなさんのスーパーレポお待ちしています♪

konosa-try