【この差】「名産地 愛知県豊川市で食べる トマト料理」の差|産地おすすめのトマトレシピ

愛知県豊川市は、日照時間が長く、温暖な気候の為美味しい食材の宝庫
愛知県は、トマトの収穫量が熊本県に次いで全国二位。一日に約15万個のトマトを出荷している。

愛知県豊川市の小学校では「トマト給食の日」が定められている。

<トマト農家で採れたてのたてのトマトを試食>
「周りが張ってるから全然歯でも潰れない」「全然違う」「甘みと酸味のバランスがちょうどいい」「甘っ」「すごいフルーティー」
 

 
美味しいトマトの見分け方

1、ラインがしっかりしているもの。
維管束という水や肥料を運ぶ血管のような管が浮き出ているトマトの方がよりおいしい。

2、食べ頃のトマトはドス黒い赤黒いトマトの方がよりおいしい。
中のゼリー部分の緑色が濃いと、外の赤と混ざっって黒く見える。

 
産地ならではのトマト料理

 

<一般的な家庭のトマト料理ベスト3>

1位 サラダ
2位 トマトソースのパスタ
3位 ミネストローネ

<名産地 愛知県豊川市のトマト料理ベスト3>

1位 トマトサラダ
2位 トマト塩ラーメン
3位 トマトの丸ごとオーブン焼き

 


〇トマトの丸ごとオーブン焼き

【材料】(1人前)

 ・トマト・・・1個
 ・スライスチーズ・・・1枚半
 ・塩・・・小さじ1/8
 ・コショウ・・・小さじ1/8
 ・オリーブオイル・・・小さじ2
 ・大葉・・・適宜 みじん切り

【作り方】

 1、トマトのヘタの部分を切る。
 2、トマトに切り込みをいれる。(※下まで切り込みを入れない)
 3、スライスチーズを1/4にカットし、トマトの切り込み部分にチーズを入れ込む。
 4、塩・コショウ・オリーブオイルをかける。
 5、オーブントースターで約10分間焼く。
 6、焼きあがったら大葉をのせ完成。
 ※愛知県は大葉の生産量日本一!

 


〇トマト塩ラーメン

【材料】(1人前)

 ・塩ラーメン(市販品・・・1人前
 ・水・・・450cc(水の規定量が500ccの場合)
 ・トマト・・・1個
 ・ネギの小口切り・・・適宜

【作り方】

 1、トマトのヘタをとり、沸騰したお湯に入れ、水にとって湯むきする。
  ※このお湯は後で使うので捨てない!
 2、(1)のトマトを半分に切り、半分だけフリーザーバッグに入れて手でつぶしておく。
 3、湯むきした後のお湯にラーメンを入れ3分間茹でる。
  ※使うのは愛知県の人なら誰でも知っている「ポンポコラーメン」。モチモチの中太麺が特徴。

 4、粉末スープと(3)の潰したトマトを入れてひと煮立ちさせる。
 6、(5)を丼に盛り、くし切りにした残り半分のトマトをトッピングし出来上がり
  ※お好みで粉チーズをかけて食べてもいい!

 


〇和風トマトサラダ

【材料】(2人前)

 ・トマト・・・1個8等分
 ・塩こんぶ・・・小さじ1/4
 ・ごま油・・・適量

【作り方】

 1、8等分したトマトを皿にのせる。
 2、塩こんぶ、ごま油をかけてよく混ぜ、少ししんなりしたら完成。

 


〇トマトユッケ

【材料】(2人前)

 ・トマト・・・1個 8等分
 ・たまり醤油・・・50ml
 ・名古屋コーチン・・・1個(卵黄だけ使用)

【作り方】

 1、8等分したトマトをフリーザーバッグに入れ、たまり醤油を入れる。
  ※「豆みそ」を造る工程でにじみでた液体を絞り出した「たまり醤油」が愛知県では有名。
 2、そのフリーザーバッグを冷蔵庫に入れ一晩寝漬け込む。
 3、漬け込んだトマトを皿にのせ、卵黄を乗せたら完成。

 


〇ピリ辛トマトサラダ

【材料】(2人前)

 ・トマト・・・1個 8等分
 ・キムチの素・・・50ml

【作り方】

 1、8等分したトマトをフリーザーバッグに入れ、キムチの素を入れる。
 2、そのフリーザーバッグを冷蔵庫に入れ一晩漬け込めば完成。

 


〇トマトの天ぷら

【材料】(天ぷら6枚分)

 ・中型トマト・・・3個
 ・塩・・・適宜
 ・強力粉・・・適宜
 ・天ぷら粉・・・適宜(メーカーの作り方に準ずる)
 ・水・・・適宜
 ・揚げ油・・・適宜
 ・塩・・・適宜
 ・天つゆ・・・適宜

【作り方】

 1、トマトはヘタと尖った部分を輪切りで落とし、2~3枚の輪切りにスライスする。
 2、(1)のトマトの種とゼリー部分をスプーンの柄などで取り除き、キッチンペーパーで丁寧に水分を取る。
  ※取り除いた種とゼリー部分はドレッシングなどに使う。
 3、表面に強力粉をまぶして余分な粉は叩いて落とす。
 4、市販の天ぷら粉を規定の水で溶き、(3)を潜らせて180℃の油でサッと揚げる。
 5、お好みで塩や天つゆをつけて食べる。

【特記事項】

 天ぷら粉は規定よりもやや少なめの水で溶き、濃度高めに仕上げたほうがベチャッとした食感になりにくい。

 


〇マーボートマト

【材料】(2人前)

 ・プチトマト・・・20個
 ・豚ひき肉・・・120g
 ・長ネギ・・・40g みじん切り
 ・生姜・・・1片(8~10g程度) みじん切り
 ・にんにく・・・1片(8~10g程度) みじん切り
 ・ごま油・・・大さじ1
 ・豆板醤・・・小さじ2
 ・赤味噌・・・大さじ1
 ・醤油・・・小さじ2
 ・砂糖・・・小さじ1.5
 ・顆粒鶏がらスープの素・・・小さじ1
 ・水・・・70cc
 ・片栗粉・・・小さじ1.5 (水・・・大さじ2で溶く)
 ・飾り用ネギの小口切り・・・適宜

【作り方】

 1、フライパンにごま油を入れ、ニンニク・しょうが・豚ひき肉、ネギを入れて色が変わるまで炒めていく。
 2、鶏ガラスープ・しょうゆ・砂糖・豆板醤を入れて味付け。さらに赤みそを加える。
 3、プチトマトを入れ、皮がむけてくるまで炒める。
 4、水溶き片栗粉を入れてとろみがついたら火からおろす。
 5、最後にネギをかけて完成。

 

【minnano編集部】
美味しそうなトマトレシピの数々いかがでしたか?3種のトマトサラダレシピ等、手軽に試せるレシピも多いのでぜひトライされてみてください!
みなさんのレポお待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2016年6月19日放送)」をチェック!!専門家のわかりやすい解説と出演者のトークが楽しめますよ!!
 
pay3