みんなの「この差」 この差って何ですか? この差カラダ・健康

【この差】「足がよくつる人」と「足がつらない人」の差

38-minnano-ashiga
 
専門家:出沢 明(帝京大学 医学部付属溝口病院 整形外科医)

 
この差は・・・

汗を多くかいたか どうか

 
 人間が足を動かす時は、脳からの指令によって、「足の筋肉」が伸縮します。

 この「筋肉の伸縮活動」に欠かせないのが、体内にある「マグネシウムイオン」です。
 

〇「汗をかきすぎる」と「足がつる」関係とは

 汗をたくさんかいてしまうと、「マグネシウムイオン」が必要以上に体から排出されてしまう。
その際脳から筋肉にうまく指令を出すことができず、筋肉の誤作動が起き、必要以上に筋肉が収縮して「足がつる」

特に、寝ている時は、つま先が下を向き、「ふくらはぎ」の筋肉が少し縮んだ状態になっているので、ここに誤作動が起きると足がつりやすい

 

【必見】「足がつった」際の対処法

 「足がつってしまった」直後は、筋肉が凝り固まっていますので、緊張をほぐすことが「最優先」です。
 つま先をできるだけ体の方に引っ張り、筋肉を伸ばす!!
 

 

【必見】「足がつらないようにする(予防策)」には!?

 足がつらないようにするために、寝る前に「水分を補強」しましょう。
 マグネシウムが豊富な「ミネラルウォーター」の方がより効果的です。
 

【要注意】「水分補給しても治らない方」は医師に相談を!

 「水分補給」をしているのにも関わらず、しょっちゅう足がつる人は「椎間板ヘルニア」「動脈硬化」「脳梗塞」「心筋梗塞」「糖尿病」などの病気の可能性があるので、医師に相談することをオススメします!
 

 

【minnano編集部】
 
 夜中に寝ている時に「足がつった」ことがある方も多いのでは!!また水泳している時にもよく聞きますね。特に水のなかだと汗をかいていることがわからない方も多いようですね。皆さんの「足のつり」対策やつらかった体験・エピソードに関するレポ投稿もお待ちしています♪

 

konosa-try

 
詳しくは、「この差って何ですか?(2016年8月7日放送)」の動画でチェック!!専門家のわかりやすい解説と出演者のトークが楽しめますよ!!
(※配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)

pay3


関連記事