【この差】歯医者が選ぶ!「良い歯医者 」と「そうではない歯医者」の差

みんなの「この差」 この差ランキング この差カラダ・健康


 
全国の現役歯科医174人に徹底調査!
「あなたが思う“いい歯医者”の条件を教えて下さい」と聞いてみた!その答をランキング形式でご紹介します。

 
〇第5位

虫歯のときにすぐ歯を削ろうとしない

歯はとても硬いエナメル質でできいるが、削ってしまうとその部分から細菌に感染しやすくなり、かえって歯がもろくなり虫歯になりやすい状況をつくることになる。

そのため今は初期の虫歯であれば、「ドッグスベスト」という虫歯の進行をとめる薬を使って治療する。
 

また、削らなければならない場合でも、マイクロスコープなどの拡大鏡を使って、なるべく削る範囲を最小限にとどめる努力をする必要がある。

 
〇第4位

歯科衛生士が治療前に必ず口の中を掃除する

歯科衛生士は虫歯予防などを指導する専門職
 

歯科医による治療の前に徹底的に口の中をキレイに掃除することで、より効果的に歯の治療を行うことができる。

 
〇第3位

毎回、歯(口の中)の写真を撮影する

レントゲンではなく、「写真」
患者自身に自分の口の中の状況をきちんと把握してもらい、治療の方針を正しく伝えるためにも歯(口の中)の写真を撮影するのは必要不可欠とのこと。
 

また歯医者自身が、写真を見て症例を振り返り勉強する為でもある。

 
〇第2位

自分の不得意な治療は断る

歯科医にもそれぞれ得意分野がある。虫歯治療、歯周病治療、インプラント、口腔外科などなど…
 

そのため、自分が専門(得意)としていないジャンルの難しい治療に訪れた患者に対しては、しかるべき専門医や認定医を紹介するという。
ちなみに、病院のホームページで先生の経歴を調べることで得意分野が分かる。
また、学会のホームページなどで専門医・認定医を調べられるほか、病院の受付等に飾られている認定書で専門分野を知ることができる。
 

 
〇第1位

初回の診療時間が長い

治療の効果がでないときの原因は2つあると言われている。一つは「診断が間違っている」、もう一つは「治療を失敗している」
そのため治療の技術がきちんとしているのは勿論のこと、患者さんの話をよく聞き、会話をして、正しい診察をすることがとても重要。ちなみに、初回の診察時間の平均は30分~45分だった。
 

 

【minnano編集部】
最近、コンビニよりも多いといわれる「歯医者さん」!「歯医者さんはどのようにして選べばいいの?」「自分が通っている歯医者さんは良いの?」と悩まれている方も多いのではないでしょうか?歯医者さんに限らず、よく話を聞いて下さる先生は安心・信頼できますよね。みなさんの歯医者さんにまつわるエピソードや感想、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2015年6月7日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)
 
pay3


関連記事