【この差】「普通のクリーニング」と「ドライクリーニング」の差

image41_10

専門家:仲田結華(白洋舎)
 
この差は・・・

お湯で洗っているか、石油で洗っているか

 

なぜ「お湯」と「石油」で、洗い分ける必要があるのか?

(1)「とれる汚れの違い」
汗やコーヒーなどの【水溶性の汚れ】は、「お湯」で洗い流すことができます。「排気ガス」や「化粧品」などの【油汚れ】が付きやすいスーツやジャケットなどの上着は「石油」で洗う『ドライクリーニング』をすることが多いです。
(2)「シワができにくいかどうか」
水洗いだと、シワになりやすく、有機溶剤だと、シワになりにくいです。

※詳しく知りたい方は、「2016年10月18日放送」をチェック!!専門家のわかりやすい解説と出演者のトークが楽しめますよ!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)
pay3