【この差】「名産地 宮城県気仙沼市で食べるサンマ料理」の差|産地オススメのサンマレシピ

みんなの「この差」 この差キッチン この差ランキング みんなの地元 宮城

 
産地ならではのサンマ料理
 
<一般的な家庭のサンマ料理>
 1位:塩焼き
 2位:塩焼き
 3位:塩焼き
 ※アンケートに答えた方全員が塩焼きと回答!
 

<名産地 宮城県気仙沼市のサンマ料理ベスト3>

 1位:塩焼き
 2位:サンマのぬか漬け
 3位:サンマの竜田揚げ

 


〇さんまの竜田揚げ

【作り方】

 1、さんまを3枚おろしにする。はらわたは使用するので、とっておく。
 2、仙台曲がりねぎをさんまの3枚おろしの幅に切る。
 3、仙台曲がりねぎをさんまの3枚おろしで包み、爪楊枝で固定する。
 4、小麦粉につけて油で揚げる。
 5、めんつゆ(素10:水50)を用意。
 6、(5)に洗ったはらわたをこす。
 7、砂糖少々、ごま油大さじ1を混ぜる。
 8、(7)をフライパンにかけ、赤・黄のパプリカを入れ水溶き片栗粉(片栗粉小さじ1、水小さじ2)でとろみをつける。
 9、揚げたさんまに(8)をかけ、白ゴマをかけて完成。

 


〇さんまのぬか漬け

【作り方】

 1、米ぬかの中に野菜をつけるより2~3倍の塩をたっぷり入れる。
 2、(1)にゆずの皮(1/3個)、しょうが(1かけ分)、鷹の爪(2本)、昆布(適量)、ビール(適量)を入れる。
 3、さんまの頭、尾、はらわたを取り除く。
 4、(3)を水洗いし、キッチンペーパーで水分を取る。
 5、タッパにぬかをつめ、(4)のさんまを2尾入れ、上からもぬかでつめる。
 6、3ヶ月ほど寝かしたら(お好みで)、取り出したさんまを水洗いしキッチンペーパーで水分を取る。
 7、フライパンに魚用アルミホイルを敷き、蓋をし蒸し焼きにする。
 8、白いごはんにのせ完成。
 9、薬味(ねぎ、大葉、ゆず刻み)をのせお茶漬けにして食べてるとさらに美味しい。

 


〇さんまの塩焼き

【作り方】

 1、さんまに塩をふり、魚用アルミホイルの敷いてあるホットプレートにのせる。(切らずに丸ごと焼く。内臓も取らない。)
 2、蓋をし、両面に焼き目がついたらさんまの塩焼きの完成。

 

〇名産地オリジナル さんまのセビーチェ

【作り方】

 1、さんまの3枚おろしを食べやすい大きさにカット。
 2、ボウルに、(1)のさんま、塩少々、こしょう少々、トマトのざく切り(1個)、玉ねぎのスライス(1/2 個)、セロリ(葉っぱ込み1/2個)、パプリカ(赤・黄を1/4個ずつ)、パセリの刻み、にんにくのスライスを入れ混ぜる。
 3、別のボウルに、オリーブオイル(適量)、生レモンを絞ったもの(1/2個)、塩少々、トマトを握りつぶしたもの(1/2個)を入れ混ぜる。
 4、(3)を(2)に入れ混ぜる。
 5、盛り付け、ブラックペッパー、パセリをかけ完成。

 


〇名産地オリジナル さんまバーガー

【作り方】

 1、さんまの3枚おろしを3切れにカット。
 2、(1)に塩コショウをふる
 3、油をひいたフライパンでさんまを焼く。
 4、バンズに、レタス、さんまを2切れ、玉ねぎの輪切り、スライスチーズ、さんま1切れ、オイスターソース(気仙沼産)、トマトの順ではさみ完成。

 


〇名産地オリジナル さんまのアヒージョ

【作り方】

 1、さんまの3枚おろしを3切れにカット。
 2、スキレットに、オリーブオイル、にんにくのスライス(1かけ)、鷹の爪(1本)、さんま、ブロッコリー(3かけ)、マッシュルーム(3つ分)、パプリカ(赤・黄を1/6ずつ)、ミニトマト丸ごと(3個)を入れる。
 3、10分後煮立たせて、完成。

 

【minnano編集部】
秋といえばサンマ!やはり一般家庭も産地でもさんまのおいしさをそのまま味わえるシンプルな「塩焼き」が1位でしたね!!産地ならではの「さんまのぬか漬け」は驚きです?!みなさんぜひ試されてみてください!!
みなさんのレシピトライレポやおすすめサンマレシピ、お待ちしています。

 

konosa-try

※「この差って何ですか?(2016年10月18日放送)」をチェック!!専門家のわかりやすい解説と出演者のトークが楽しめますよ!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)
pay3


関連記事