【この差】「くすぐったい所」と「くすぐったくない所」の差


 
専門家:森田豊 (医療ジャーナリスト)
 
この差は・・・

 感覚神経が集中しているか、どうか

 

【実験】多くの人はどこがくすぐったい?

4人の男性に水着姿になってもらい、ハケで体の隅々をなでてみて、くすぐったい場所にはマーキングした。

その結果、くすぐったい場所は、「うなじ」「わき」「わき腹」「手のひら」「内もも」「足の裏」の6ヶ所だった。

なぜこの6カ所はくすぐったいのか?

 

くすぐったい所(1)「うなじ」「わき」「内もも」


「うなじ」「わき」「内もも」は、皮膚の近くに太い静脈や動脈が通っており、もしケガをしたら致命傷になりかねないため、感覚神経が敏感になっている。

 

くすぐったい所(2)「手のひら」「足の裏」


「手のひら」「足の裏」は、四足歩行の名残。ケガをしないため、感覚神経が敏感になっている。

 

くすぐったい所(3)「わき腹」

「わき腹」は、四足歩行の名残。四足歩行の際に自分で「見えない」ため、感覚神経が敏感になっている。

 

なぜ「笑う」のか

「抵抗する反応」で最も強いのは「怒り」で、次に「笑い」といわれている。人間は関係を円滑にするために「怒り」ではなく「笑い」で抵抗するのではないかといわれている。

 

【minnano編集部】
四足歩行の名残で「くすぐったい所」があることに驚きです!?いろいろと進化したり退化したりしている中、「くすぐったい所」が残っているのが面白いですね!
みなさんは、カラダについて不思議に思うこと、疑問に思うことはありますか?みんさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2017年2月14日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)
 

pay3