みんなの「この差」 この差キッチン この差って何ですか? みんレポ アイス部

【この差】2001年「雪見だいふく」につけた差とは!?


専門家:中田朱郁(株式会社ロッテ 商品開発部)
 

アイスは夏に食べるものという常識を打ち破り、秋冬にも食べられるアイスとして大ヒット!今から36年前の1981年(昭和56年)誕生し、「みたらし味」、「おしるこ味」、「生チョコ味」など40種類以上の味を発売!

 
1つ目の差:「粉の量」の差

この差は・・・

「粉の量」が変わったか どうか


2001年(平成13年)に「粉の量」が減った。

〇「粉の量」を減らした理由とは?
「雪見だいぶく」の表面には、お餅が容器にくっつかないように粉が付いているが、この粉の量が減った。当時は「食べる時に、粉が落ちて汚れる」や「粉の量が強くて、お餅の味を損ねてしまう」といった意見があった。そのため、配合を変えたり、いろいろ改良を重ねて、2001年に粉の量を減らせた。

 
2つ目の差:「ヘソがない」の差
この差は・・・

ヘソがなくなったか どうか


2001年(平成13年)に「ヘソ」がなくなった。

〇「ヘソ」がなくなった理由とは?
昔は包んだお餅をひねりながらちぎっていたので、どうしても「ヘソ」ができてしまった。今は刃でお餅を切り離しているので、「ヘソ」ができなくなった。

〇「ヘソ」をなくした理由とは?
「ヘソ」の部分は粉が溜まりやすく、食感と味を損ねてしまう原因だった。これにより、「なめらかな食感」を楽しめるようになる。

 

【minnano編集部】
寒い冬に、暖かい部屋の中で少し溶けて柔らかくなった「雪見だいふく」を頂く…幸せですよね!
「雪見だいふく 黄金のみたらし味」は、「みんレポ未来会議」でのアイディアを基に誕生した味だということ、ご存知でしたか?あの甘じょっぱさ、美味しいですよね!!
みなさんの感想やアイスにまつわるエピソードレポ、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2017年8月1日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)
 

pay3

関連記事