【この差】100歳を超えても元気な人100人にアンケート!|寝る時の枕は「柔らかい枕」「硬い枕」どっち?


専門家:白澤卓二(白澤抗加齢医学研究所 所長)
 
寝る時に使う枕で多かったは?
 A・・・「柔らかい枕(羽毛や綿など)」
 B・・・「硬い枕(そば殻やパイプなど)」

どっち?
 
答えは・・・

「硬い枕(そば殻やパイプなど)」


 
「枕」のかたさは、「寝返りを打ちやすいか」に関係している

「硬い枕」の方が、寝返りが打ちやすい。高齢者だけでなく、若い人でも1日20〜30回、寝返りを打つ。「柔らかい枕」だと、頭が固定されて寝返りが打ちにくい
 
「寝返り」の効果

(1)滞っていた血行を良くする
特に高齢者は、ずっと体位を変えないと循環不全を起こしてしまう
(2)背中の熱を逃がす

 

【minnano編集部】
枕の好みは人それぞれだと思いますが、「寝返り」しやすいことがとても大事なようですね!1日の中で睡眠時間はかなり多く占めますし、いい睡眠が健康なカラダのためにとても重要なことは納得です!!
みなさんはどんな枕をお使いですか?みなさんの枕エピソードレポ、お待ちしています♪

 

konosa-try

※「この差って何ですか?(2017年8月8日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)
 

pay3