【この差】100歳を超えても元気な人100人にアンケート!|食べている豚肉料理で多いのは「しょうが焼き」「とんかつ」どっち?

みんなの「この差」 この差キッチン この差カラダ・健康


専門家:白澤卓二(白澤抗加齢医学研究所 所長)
 
食べている豚肉料理で多かったのは?
 A・・・「しょうが焼き」
 B・・・「とんかつ」

どっち?

答えは・・・

「とんかつ」

 
なぜ「豚肉」か?

豚肉は、ビタミンB1 体力・免疫力を上げる血管を丈夫にしてくれることがわかっている。

 
なぜ「とんかつ」なのか?

豚肉に含まれる「ビタミンB1」は水溶性のため、「しょうが焼き」にした際に油の煮汁に出てしまう。一方、「とんかつ」は豚肉が衣で包まれているため、「ビタミンB1」が流れ出ることを防げる
高齢期の丈夫な体を作る豚肉料理は「茹でるより焼く!焼くよりも揚げる!」がポイント。若い人の場合は、脂の取り過ぎがあるので、逆。

 
何歳くらいからが高齢期?
60〜65歳から。

 

【minnano編集部】
若いころと高齢期になってからでは、体にいい調理法も変わってくるのですね!?私のまわりの高齢でお元気な方は、お肉や揚げ物を好んでよく召し上がる方が多いです!!
みなさんは、どんな豚肉料理がお好きですか?オススメの豚肉レシピや豚肉料理エピソード等、レポして下さると嬉しいです!みなさんの投稿お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2017年8月8日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)
 
 

pay3

関連記事