【この差】寝苦しい夏「睡眠不足になる人」と「ならない人」の差|帰宅した後先に済ますと良いのは「お風呂」「夕食」どっち?

みんなの「この差」 この差カラダ・健康


専門家:白濱龍太郎(RESM睡眠・呼吸メディカルクリニック 院長
 
帰宅した後 先に済ますと良いのは・・・
 A・・・「お風呂」
 B・・・「夕食」

どっち?

答えは・・・

「夕食」

 
なぜ「夕食」?
「お風呂」も「夕飯」も、理想的な時間がある。「夕飯」は寝る4時間前「お風呂」は寝る1時間半前

ポイントは「消化」。脂モノを夕飯で摂取すると、消化に4時間ぐらいかかる。

消化されないまま寝てしまうと、「内臓が動いたまま」で寝つきが悪くなる。4時間たつと、消化がすんでいてリラックスして睡眠に入れる。

 
「お風呂」は、睡眠の1時間半前がよい理由
キーワードは「深部体温」。「深部体温」とは、脳や内臓など身体の中の温度。

「深部体温」が下がると、「眠りのスイッチ」が入り、人は眠りやすくなる。

お風呂に入ることにより身体の体温が上がるので、身体を冷ますために急激に深部体温が下がり、入浴後1時間半かけて睡眠に最適な体温になる。

つまり、お風呂に入ることは、身体のよごれを取るだけではなく、「睡眠のスイッチ」を入れることができる。

 
シャワーにしたい日はどうすれば?

大事な血管が首に走っている。首に温かいシャワーをあてると良い。

 

【minnano編集部】
「深部体温」と「睡眠」に繋がりがあったとは知りませんでした?!夏はシャワーで済ませることも多いですが、首に暖かいシャワーを掛けることでお風呂と同じような効果が得られるとは、ためになる情報です!!早速試してみようと思います。
みなさんは、良い睡眠のために行っていることや、使っているグッズ等ありますか?みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2017年8月15日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)
 
 

pay3

関連記事