【この差】「ラムネ」と「サイダー」の差

みんなの「この差」 この差キッチン この差 雑学


 
専門家:専門家:秦 啓員(ハタ鉱泉株式会社 代表取締役社長)

 
この差は・・・

「レモン風味(ラムネ)」か「りんご風味(サイダー)」か どうか


昔は全く違う飲み物。

 
最初に生まれたのは「ラムネ」
「ラムネ」は、17世紀頃にフランスで作り始められた。炭酸水にレモンと砂糖を加えた飲み物

当時は「ラムネ」ではなく「レモネード」と呼ばれていた。江戸時代にペリーが幕末に来航した時、日本に伝わったと言われている。日本人には「レモネード」が「ラムネ」に聞こえたので、「ラムネ」と呼ぶようになった

 
「サイダー」は日本生まれ
「サイダー」は、明治維新の頃、日本で生まれた飲み物。横浜にあった「ノース&レー商会」という外国人が経営する会社で生まれたといわれている。当時の「サイダー」は「ラムネ」を改良した飲み物で、「炭酸水」に「りんご風味」を付けた飲み物

当時りんごで作ったお酒をフランス語でシードルと呼んでいたため、英語読みで「サイダー」と名付けたといわれている。

その後、時代にあわせて味を改良して「レモン風味」「りんご風味」の香料を減らした同じような味になっている。

 
ラムネに入っているビー玉は?

最初の頃は「ラムネ」も「サイダー」もコルクで栓をして金具で留めていた。しかし、コルク栓では時間が経つと炭酸が抜ける。

そのため、海外で「ビー玉栓」が開発された

海外では「ラムネ専用」として利用さていたため、日本でも「ラムネ専用」として利用されるようになった。

 
ビー玉でどのように栓をする?
ビンの形を作り、その中にビー玉を入れる。

ビンの上を熱してビー玉が出ないように飲み口を小さくする。

ビンの中にサイダーを入れ、飲み口を昔は手で押さえて、ビー玉が下まで落ちてきたら、元の状態に戻す。

ビー玉は炭酸のガスの圧力で上に押されるため、蓋になる。

 
ラムネに入っている玉の正式名称は「ビー玉」ではない!?
ラムネ栓に入っているのは「A玉」という。キレイな丸のみを使用。

B級品を遊び道具として販売していたものが「B玉」として広まった。

 

【minnano編集部】
「ビー玉」の名前の由来が、「ラムネ」の栓としては使えない「B級品の玉」という意味だったとは!?驚きです!みなさんはご存知でしたか?
「みんレポ」では「ドリンク部」も活動中です!みなさんのオススメドリンクや、飲み物に関する疑問など、レポして下さると嬉しいです!みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2017年9月12日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)
 

pay3

関連記事