【この差】「ユニフォームを着る野球の監督」と「スーツを着るサッカーの監督」の差

みんなの「この差」 この差 雑学


 
専門家:松浪 稔(東海大学 体育学部 スポーツ・レジャーマネジメント学科教授)

 
この差は・・・

「選手(野球)」か「先生(サッカー)」か どうか

 
野球の監督は元々「選手」
野球の監督の起源。アメリカで野球が誕生した当初はまだきちんとしたルールが決まっていない、人が集まったらゲームを始めるという庶民的なスポーツだった。そのため、チームの采配を振る「監督」という存在自体がなかった

その後、野球が盛んになっていくにつれて、野球の監督は選手の中から選ばれるようになった

そのため、ユニフォームを着て試合にも出ていた。その当時の名残でユニフォームを着ていると考えられる。

 
サッカーの監督は元々「先生」
サッカーは元々19世紀半ばにイギリスの上流階級の子どもたちが通う学校で、教育の一環として始まりまった。学校教育の一環ということは、チームを取りまとめる監督の役割は先生などの指導者が行っていた

そのため、「監督」はあくまで選手ではなく指導者だったので、ユニフォームではなくスーツのようなきちんとした服装をしていた

その当時の名残でスーツを着ていると考えられる。

 

【minnano編集部】
言われてみれば、スポーツによって監督が「ユニフォーム」を着ていたり、「スーツ」を着ていたりしますよね。それぞれのスポーツの成り立ちに関係があったとは!?驚きです!
「みんレポ」では、「スポーツ応援部」も活動中!スポーツの楽しさや楽しみ方など、ぜひレポして下さい!!みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2017年9月12日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)
 

pay3

関連記事