【この差】「サケ」と「シャケ」の差

みんなの「この差」 この差キッチン この差 雑学


 
専門家:神永暁(日本国語大辞典 元編集長)
 
街の人100人に「サケ」と呼ぶか「シャケ」と呼ぶか聞いてみると・・・
 「シャケ」13人、「サケ」87人だった
 
 


 
この差は・・・

別々に生まれた呼び方が混在しているため

「シャケ」という呼び方は「サケ」が変化したものではない。別々に生まれた呼び方。

 
「サケ」という呼び方
「サケ」の方が先に生まれた言葉。「サケ」は古い時代から食べられていた。

平安時代に作られた「延喜式」という法令集に書かれている。

平安時代は「サケ」が一般的であることがわかる。

 
「サケ」と名付けられた理由
身が「裂けやすい」ことから、「裂け」をとって、「サケ」と名付けられたと言われている。

 
「シャケ」という呼び方
江戸時代頃から使われるようになった。アイヌ語で「サケ」を意味する言葉「シャケンベ」が変化して「シャケ」になったと考えられている。

 

【minnano編集部】
「シャケ」と「サケ」の名前が全く違う理由で名付けられていたとは驚きです!?ちょっとした発音の違いだと思っていました。
みなさんは似たような言葉の違いや、複数ある名前の違いで不思議に思っていることはありますか?みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2017年11月7日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)
 

pay3

関連記事