【この差】<家電>「各メーカーの最新 炊飯器の差」(2017年秋)

みんなの「この差」 この差キッチン この差 雑学


 
専門家:
遊佐正治、八百幸史晃(三菱電機
竹原豊明、中江睦(パナソニック
金丸等、林優紀(タイガー魔法瓶
鈴木真由美、稲村香織(アイリスオーヤマ
古澤紗織、吉見将宏(バーミキュラ

 
この差は・・・

 こだわりのポイントが違う

 
三菱電機 「本炭釜 KAMADO」

炭でつくられた釜で、高火力のかまどご飯が炊けるのが特長。

今年の進化は、業界唯一の開閉する弁で「24時間保温」後も美味しく。

蒸気を逃がす部分に弁をつけることで、外からの空気を遮断し「乾燥・黄ばみ」を防ぐことができる。

 
パナソニック 「Wおどり炊き」

ダイヤモンド釜により細かい泡で甘くて美味しいご飯が炊けるのが特長。


今年の進化は、炊き上がり直前に圧力をかけて「甘みを10%アップ」。

さらに「お米の銘柄炊き分け機能」も、昨年の46から50種類に増加(※ちなみに、三菱電機は35種類、アイリスオーヤマは40種類)。

 
タイガー魔法瓶 「THE 炊きたて」

土鍋を炊飯ジャーに使用し、土鍋で炊いた美味しいご飯、おこげも楽しめるのが特長。

今年の進化は、宇宙でも使われる新素材(炭化ケイ素)を土鍋に追加!

お米がさらにもっとふっくら香ばしい土鍋ご飯に。

新素材により、熱伝導率が2.5倍に!

さらに「麦ごはん」を「押麦コース」と「もち麦コース」の2コースから選べる。「麦がゆ」も新たに開発。

 
アイリスオーヤマ 「銘柄量り炊き」

上下分離でき、上は「おひつ」、下はIH調理器としても使える。

さらにお米の重量と銘柄に合わせて「水の量を計算」し、目盛で確認しながら水を入れることができる。

今年の進化は、痩せたい人注目!業界初!よそったごはんのカロリーがわかる!

自分の好きな量をお茶碗によそうと、お茶碗の中のご飯のカロリーがモニターに出る。

 
バーミキュラ 「ライスポット

「鋳物ホーロー鍋」で有名なバーミキュラ。鍋発から来た「炊飯ジャー」。保温機能がなく、美味しいお米を炊くために特化。

なんと、チャーハンが作れる!

釜自体がお鍋なので、コンロで調理もできるが、下のIH機能で火加減をコントロールしてくれるので、美味しくてパラパラなチャーハンができる。

 

【minnano編集部】
「最新炊飯器」は驚きの機能ばかりでびっくりです!美味しいご飯が炊けるのはもちろん、各社それぞれの色々な機能がプラスされていてどれも魅力的!!迷ってしまいますね。
みなさんはオススメの家電やお気に入りの家電はありますか?【みんレポ】では「家電部」も活動中!みなさんの家電レポ、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2017年11月14日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)
 

free

関連記事