【この差】「ごはん」と「めし」の差

みんなの「この差」 この差キッチン この差 雑学


 
専門家:斗鬼正一(江戸川大学 教授)



「卵かけごはん」「たこ飯」「栗ごはん」「鯛めし」・・・同じお米を使った料理なのに、なんで「ごはん」と言ったり「めし」と言ったりするの?
 


 
この差は・・・

 元々は、炊き立ての白米100%か どうか

 
そもそも「めし」という言葉しかなかったすべてのお米料理は「めし」と呼ばれていた。

炊き立ての白米だけを「ごはん(御飯)」と呼ぶようになった。

 

なぜ炊き立ての白米を「ごはん」と呼んだ?

室町時代、白米はとても貴重だったため、白米に粟や麦や具材を混ぜてかさ増しして食べていた。

つまり、白米だけで食べることはなかった!そして、「召し上がる」から「めし」と呼んでいた

当時、中国から白米を表す「飯」という言葉が入ってきた。

身分の高い人たちは、白米100%の炊き立ての米を「御飯」と呼ぶようになった。

そして庶民は炊き立ての「御飯」に強い憧れを持ち、言葉としても広まっていった。

 

なぜ「栗御飯」や「松茸御飯」は混ぜているのに「御飯」か?


戦時中までは、「栗めし」「松茸めし」と呼んでいた。

戦後、白米が貴重ではなくなったことを受け、次第に「ごはん」と「めし」の明確な使い分けはなくなり、言いやすい言い方をするようになった。


 

【minnano編集部】
「召し上がる」から「めし」という言葉が生まれたことに驚きです!?とっても貴重でなかなか食べられなかった「ごはん」が誰でも食べられるものになり、食生活の変化が言葉の変化にもつながっているのですね!!
「白米」「栗ごはん」「鯛めし」「松茸ごはん」「五目ごはん」等々、色々ありますが、みなさんはどんな「ごはん」がお好きですか?みなさんの「ごはん」レポ、「ごはん」レシピ、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2017年11月21日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)
 

pay3

関連記事