【この差】平成元年と平成29年の「イルミネーション」の差

みんなの「この差」 この差 雑学 栃木 東京 三重 長崎


 
専門家:丸々もとお(夜景評論家)
 



全国に800か所以上あるイルミネーションスポット!
平成元年といまのイルミネーションは「規模」も「演出方法」もかなり進化しています!
 


 
この差は・・・

 ① 神戸ルミナリエ」の登場によるイベントとしてのイルミネーション。
 ②「LED電球」の登場により使える電球の数が爆発的に増加。
 ③「フルカラーLED」による表現力の強化。

 

日本でイルミネーションが広まったきっかけは?

平成7年にはじまった「神戸ルミナリエ」。

当時、飾りにしかすぎなかった光を初めて見世物にしたイベントとして、ものすごいインパクトだった。その後、日本にイルミネーションが定着していった。

 

平成15年(2003年)の差

平成15年頃からイルミネーションの世界で「LED電球」が使われるようになった「白熱電球」に比べて「LED電球」は電気代約1/10、耐久性約10倍

使える電球の数が爆発的に増加。これにより、さらにきらびやかなイルミネーションができるようになった。

 

平成22年(2010年)の差

平成21年以前の「LED電球」は1つで“1色”のみだったが、平成22年以降の「LED電球」は1つで“複数色”を出せるようになった

複数色出せるLEDを「フルカラーLED」といい、600億色以上の色が出せる

 

今年絶対見た方が良い!最新イルミネーションBEST4

【1位】ハウステンボス/長崎県佐世保市


【2位】なばなの里/三重県桑名市


【3位】よみうりランド/東京都稲城市


【4位】あしかがフラワーパーク/栃木県足利市

 

【minnano編集部】
最近のイルミネーションは、迫力も美しさも規模も凄いなーと思っていましたが、そこには技術の進化があったのですね!「LED」の出現は私たちの生活を大きく変えていますね!!
みなさんオススメのイルミネーションスポットや行ってみたいイルミネーションスポットはありますか?みなさんのイルミネーションレポ、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2017年12月19日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)
 


関連記事