【この差】大手コンビニ3社の「おでん」の差~セブンイレブン・ファミリーマート・ローソンのおでんを徹底比較!~


 
専門家:山中規弘・竹村友美(セブンイレブン)、川口雅洋・上村朋美(ファミリーマート)、川本孝広・内堀心名(ローソン

 
この差は・・・

 各社の企業努力があり、すべて美味しい。自分の好みを見つけるか どうか

コンビニおでん市場は400億円以上。

 

味のエリア分け

「セブンイレブン」は、8エリア。「ファミリーマート」は、7エリア。「ローソン」は、9エリア。各地域の特性にあわせて、味付けを変えている。

 

おでんの人気ランキング(セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン)


全社共通で、第一位:「大根」、第二位:「たまご」、第三位「白滝」がトップ3。今回は、各社の差があった「大根」と「白滝」のこだわりを紹介。
 
 

「白滝」のこだわり


 

〇「セブンイレブン」の「白滝」のこだわり


3本の白滝を1本に!よりツユが絡むように工夫!!
さらにくぼみを深くして、昨年に比べ2倍ツユが絡むようになっている。

 

〇「ファミリーマート」の「白滝」のこだわり


ツユが絡むように職人が一つひとつを手結び!!

職人の適度な間隔をつくる手結びでツユを絡むようにしている。

 

〇「ローソン」の「白滝」のこだわり


食感を良くするために、太さを直径1.5mmに!!

老舗のおでん屋の白滝は細い傾向がある。また2本を1本にすることで、ツユ絡みだけでなく、食感も意識している。

 
 

「大根」のこだわり


 

〇「セブンイレブン」の「大根」のこだわり


十字の自慢の隠し包丁で中心までツユが染み込むように工夫!!昨年よりも、隠し包丁を進化させて、中心にも穴を開けて染み込みやすくしている。

 

〇「ファミリーマート」の「大根」のこだわり


大根を厚切りにしてホクホク感をアップ!!「セブンイレブン」が3.2cm、「ローソン」が3.1cmに対して、「ファミリーマート」は3.6cm。食感にこだわり、隠し包丁はあえて1本にしている。

 

〇「ローソン」の「大根」のこだわり

おでん専用の大根農場「ローソンファーム鳥取」で、おでん専用の大根づくり!!

鮮度を保つため、24時間以内に加工。下茹の時に米ぬかを入れてアクを取ってから味付け。味付けは、冷める時に染み込むので、2段階に分けてより染み込ませている。1本の大根から、おでん用6〜8個。

 
 

各社一押しのオススメ「おでん」


 

〇「セブンイレブン」のオススメは「厚揚げ」


昨年に比べて、豆腐と衣の間の「す」を少なくして、食感をなめらかに!

さらに、昨年の長方形から三角形にして、断面からツユが染み込むようにした。大きさは、昨年の長方形も、今年の三角形も同じ。
 

〇「ファミリーマート」のオススメは「肉いなり」


金沢の「ご当地おでん」を全国展開!!油揚げの中に「鶏と豚の合いびき肉」を使用!!「粗びき肉」のため、非常にジューシー感が味わえる。また最後に「岩下の新生姜」を隠し味にしたことでサッパリ感が味わえる!!

 

〇「ローソン」のオススメは「もち巾着」


老舗和菓子屋でも使用しているモチを使用

110回ついたモチを使用するこだわり。110回がツブ感もなく、一番いいと判断。

 

【minnano編集部】
コンビニ各社の「おでん」のこだわり、凄いですね!?いろいろ食べて比較してみたいです!定番の「大根」や「白滝」はもちろん、各社オススメの具材もかなり気になります!!
みなさんもコンビニおでんを食べることがあったら、ぜひレポして下さると嬉しいです!みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2017年12月26日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)