【この差】「桜は花見をする」と「梅は花見をあまりしない」の差

みんなの「この差」 この差 雑学 京都


 
専門家:斗鬼正一(江戸川大学 社会学部 教授)
 
この差は・・・

 昔は「梅」でお花見をしていたが、天皇の花見をきっかけに「桜」が広まったため

平安時代に嵯峨天皇が初めて「桜」でお花見をした。

 

現代人に聞く「梅」でお花見をしない理由は?

毎年日本で最初に桜が咲く桜の名所、静岡県河津町でお花見をしている人に聞くと、ほとんどの人が「梅が咲く時期は2月、3月とまだ寒いので、お花見をする人が少ない」と回答した。

 

最初のお花見は「梅」だった

お花見は奈良時代の貴族から始まったが、最初のお花見は「桜」ではなく「梅」だった。
奈良時代、中国に遣唐使が派遣された時に、中国の貴族が「梅」のお花見をしていたことから、日本にもその文化がそのまま入ってきた。

日本の貴族たちも、山に生えていた梅の木を屋敷の庭に植えてお花見をするようになった

そのため奈良時代の和歌をまとめた「万葉集」を見てみると、「梅の和歌」は「桜の和歌」より多く書かれている。


つまり、奈良時代はお花見と言えば「梅」

「梅」の方が人気であった

 

いつから「桜」のお花見が始まったのか?

平安時代に嵯峨天皇が初めて「桜」のお花見をした。

当時天皇は住んでいる京都御所から出ることは滅多になかったため、嵯峨天皇は久しぶりの外出をとても楽しみにしていた。御所車に乗っていた嵯峨天皇は、京都にある地主神社の境内に咲いていた満開の桜が美しく、車を止めてしばらく見入っていた。また走り出しても桜の美しさが忘れられず、地主神社の桜を見るために3回も御所車を引き返させた

桜の美しさに感動した嵯峨天皇は、「これからは梅ではなく桜で花見をしよう!」と言い、翌年の812年、地主神社の桜の枝を京都御所に持って来させて日本で初めて「桜」でお花見を行った。

 

天皇が魅了された桜とは?

嵯峨天皇が虜になった桜の木は、今もなお京都市東山区にある同じ「地主神社」に咲いていて、嵯峨天皇が何度も御所車を引き返させて眺めた桜の木ということから、「車返しの桜」と言われている

 

梅から桜へのお花見の変化

その後、嵯峨天皇の子どもである仁明天皇が京都御所の庭の梅の木を桜の木に植え替え、桜でお花見をする文化が定着していった。

そのため、平安時代にまとめられた「古今和歌集」では、「梅の和歌」およそ18首に対して「桜の和歌」がおよそ70首となり、「桜」と「梅」の人気が逆転した。


 

【minnano編集部】
桜はちょうど暖かくなってきて気候の良い時期に咲くので「お花見」をするのだと思っていました!嵯峨天皇が魅了された桜が今も同じ場所で咲いているとは驚きです?!
みなさんは、どこに「お花見」に行かれますか?誰と「お花見」しますか?みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2018年3月27日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)
 

pay3

関連記事