【この差】「昔の書き順」と「今の書き順」の差


 
専門家:松本仁志(広島大学教育学部 教授)
 
この差は・・・

 平成以降、正しい書き順を示した「筆順指導の手びき」が教育現場に徐々に浸透したことにより、「昔」と「今」で書き順が違ってきた

実は正しい書き順は昭和33年から変わっていない。「筆順指導の手びき」の書き順は、より整った文字を書くことを目的としている。

 

年代によって違う「上」の書き順

30代以上は1画目を横線から。10代・20代は1画目を縦線から書く。

 

「筆順指導の手びき」とは?

昭和33年に「筆順指導の手びき」という正しい書き順を定めたものが文部省から出版されたが、当時は強制力がなく世の中になかなか浸透しなかった。そのため、現在30代以上の人は昔ながらの書道の書き順で覚えていたり、地域によって教わる書き順が異なったりしていた。



平成に入り、「筆順指導の手びき」の書き順が教育現場に徐々に浸透

そのため今の10代・20代の人は「筆順指導の手びき」の書き順で漢字を書いている

「上」の書き順も、「筆順指導の手びき」では1画目を縦線から書くことが正しい書き順と記されている。

 

「必」の「昔」と「今」の書き順の差


この差は・・・

 30代以上は…まず「心」という漢字を書いてから「払い」を書く
 20代以下(「筆順指導の手びき」)では…中心から外に順番に書いていく。



まず中心から書き、バランスを整える

昔の「必」の書き方は「『心』にタスキをかける」と教えられたこともあるが、「筆順指導の手びき」に書かれている書き順は、より整った文字を書くことを目的とした書き順。


実際に昔のように「心」を書いてから「払い」を書くと、本来、文字の中心に来るべき点が横にずれてしまう

「筆順指導の手びき」に載っている今の書き順のように真ん中の点から書くと、文字の中心が定まり、バランスの整ったきれいな文字が書ける

 

「書」の「昔」と「今」の書き順の差


この差は・・・

 30代以上は…4画目に長い縦線を書き、その後に横線を2本書く。
 20代以下(「筆順指導の手びき」)は…横線を全て先に書いてから縦線を書く。



横線の間隔を均等に書くと字が美しく見える。

「書」という漢字は、横線の間隔が均等な方が美しく見える。整った読みやすい漢字にすることを最優先にすると、横線の間隔をそろえて書くということがとても大事になるため、横線を先に書く。

 

「馬」の「昔」と「今」の書き順の差


この差は・・・

 30代以上は…1画目は横線、2画目は縦線、3画目と4画目に横線を書き、5画目は縦線を書く。
 20代以下(「筆順指導の手びき」)は…1画目と3画目が縦線になるように書く。



縦線から書くことで上下の高さと幅を決める。

1画目と3画目の縦線がポイント。「馬」をバランスよく書くためには、縦の部分の上下の高さを定めることがポイント

最初に縦線を引くことで、文字の高さのバランスを正しくとることができる。さらに3画目を縦線で書くことで、2画目の横線に対して左右均等に幅を作ることができ、より文字を美しく書くことができる。

 

「博」の「昔」と「今」の書き順の差


この差は・・・

 30代以上は…右上の点を最後に書く。
 20代以下(「筆順指導の手びき」)は…9画目に右上の点を入れる。



右上のまとまりを完成させて文字全体を美しく見せる。

最後に右上の点を書くと、点を打つ位置が定まりにくい右上の部分だけで一つのまとまりとして、9画目に点を書くことで完成させる。上の部分のまとまりに対して「寸」を書けば、文字全体が美しく見える。

 

【minnano編集部】
みなさんは、「昔」と「今」どちらの「書き順」で覚えていましたか?お子様の「書き順」を注意したら、実はそちらの方が正しかった!?なんてこともありそうですね!!
みなさんは、「書き順」の分からない漢字や、「書き順」が難しいと思う漢字はありますか?みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2018年3月27日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)