【この差】坂上を「『さかがみ』と読む人」と「『さかじょう』と読む人」の差


 
専門家:菅野俊輔(早稲田大学 講師 江戸文化研究家)
 
この差は・・・

 坂上一族の中でどのような職業に就いたか どうか

元々は全て「さかのうえ」という同じ読み方をしていた。

 

「坂上」一族とは?

”坂上”と書く名字の人は、元々は全て同じ読み方で「さかのうえ」と読んでいた「さかのうえ」は奈良時代よりはるか前、現在の奈良県にあった地名で、そこに住んでいた一族が名乗っていた名字だった

「さかのうえ」一族の中で最も有名なのが、平安時代に「征夷大将軍」として、現在の東北地方に派遣され、朝廷に反発する「蝦夷(えみし)」を制圧した「坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)」。この人物こそ、「さかがみ」、「さかじょう」の誕生に大きく関係している。

 

「城造り」が、きっかけとなった「さかじょう」の誕生

平安時代初期、「坂上田村麻呂」は、「征夷大将軍」として東北地方を治めることに成功した。

地域を治めるための軍事拠点として城を作ることになり、坂上一族の中で建築技術に長けた人が城造りを担った

「坂上田村麻呂」は、坂上一族の中で、「優れた城造りの技術を持っていること」がわかりやすいように、名字を変えることを提案。

坂上の“上”も“城”も「じょう」と読めるので「さかじょう」と名乗らせた

つまり、「坂上一族」で「城造りを得意とする人たち」を、「さかじょう」と呼び始めたことが、「さかじょう」の誕生となる。

 

「さかがみ」誕生のきっかけは、鬼退治!

「坂上田村麻呂」が東北地方を制圧した後、現在の滋賀県と三重県の県境にある鈴鹿峠に人々を困らせる“鬼”が出没した。

当時、人々を襲い、物を奪う山賊は恐れられ、「鬼」と呼ばれていた。

「鬼」が交通の要所であった鈴鹿峠に居座ったため、京の都に物資が届かなくなってしまった。

噂を聞いた当時の帝、「嵯峨天皇」は、「坂上田村麻呂」に鬼退治を命じた


「坂上田村麻呂」は見事鬼を退治し、功績をたたえるために鈴鹿峠の近くに作られたのが、現在も滋賀県にある「田村神社」。その名の通り「坂上田村麻呂」が祀られている。



「坂上田村麻呂」がなくなり、神として崇められるようになると、坂上一族の中に「神職に就く人」が現れた

一族の中で、神職についていることをアピールするため、坂上の“上”を“神”と共通する読み方である「がみ」変えて「さかがみ」が誕生

坂上一族で、「神職にある人」が「さかがみ」を名乗るようになった。

 

「さかうえ」、「さかのうえ」の差は?

「さかうえ」は、「さかのうえ」一族の中で「さかうえ」の方が言いやすいと考えた人たちが名乗り始めた名字。そのため、現在は「さかのうえ」も「さかうえ」も存在する。

 

【minnano編集部】
名字の由来に意外な歴史上の人物が関わっていたとは驚きです!?読み方の違いには職業が関係していることも想像していませんでした!
みなさんは、名字について疑問に思うことや知りたいことはありますか?みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2018年4月17日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)