【この差】「僧侶」「和尚」「住職」「お坊さん」の差

 
専門家:井上広法(光琳寺 副住職)
 
この差は・・・

 どのような立場の人か どうか

「僧侶」は出家して仏壇に入った全ての人、「和尚」は修行を積んで一人前になった人、「住職」はお寺を代表するただ1人の人、「お坊さん」は元々僧侶が生活する“坊”を管理する人のこと。

 

立場で呼び分けた方が良い

お寺では様々な立場の人がいる。本来は、立場によって呼び方を分けると良い

 

「僧侶」の語源は「古代インド」の言葉

「僧侶」とは仏道修行をする集団を指す「古代インド」の言葉、「ソウギャ」が語源

つまり「僧侶」は 出家して仏門に入った全ての人を指す言葉

 

「法士」と「和尚」の違いは?

「法子(ほっし)」とは、仏門に入ったばかりの「僧侶」を指す言葉

仏門に入ってすぐの名前は「○○法士」という。最低2年以上の勉強と修行を経て「○○かしょう」という名前に変わる。この「かしょう」を漢字で書くと「和尚」となり、これを「おしょう」と呼ぶ。

つまり、「和尚(おしょう)」とは、僧侶の中でも修行を積んで一人前になった僧侶のこと。「曹洞宗」「臨済宗」などは「おしょう」、「浄土宗」「天台宗」などでは「かしょう」、「真言宗」などでは「わじょう」と呼ぶ。

 

1番偉いのは「住職」

「住職」とは、それぞれのお寺を代表する僧侶のこと

小さいお寺でも大きいお寺でも、基本的に1つのお寺に「住職」は1人しかいない

 

「お坊さん」とは?

昔、お寺にあった「僧侶」たちが暮らす建物の事を「坊」と呼んでいた

現在は「宿坊」と言って一般の方が泊まったりするが、かつてはここで「僧侶」が勉強したり寝たりする生活の拠点となっていた。その「坊」で「僧侶」の生活を「寮長」のように管理・指導する人を「坊の主」ということで「坊主」と呼んでいたつまり「お坊さん」のこと

現在「坊」を持つお寺はほとんどないので、本来の意味からの「坊の主」、「坊主」つまり「お坊さん」はほとんどいない。
しかし、現在も親しみを込めて「僧侶」を呼ぶときに「お坊さん」という呼び方が広く使われている。

 

実際お寺で働く人のことを何と呼べばいい?

一番間違いない言い方は「和尚さん」

「住職」でない人もいる。「お坊さん」でもいいが、どちらかというと「和尚さん」と呼んだ方が敬意があっていい。

 

【minnano編集部】
言われてみれば、お寺で働く方の呼び名は色々ありますよね?!どのような立場の人か判断して使い分けるのはなかなか難しい場面もあるので、そんな時は「和尚さん」と呼ぶことにします!
みなさんの感想やエピソード、疑問など、レポして下さると嬉しいです!みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2018年5月8日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)