【この差】「ヤブ医者」とは言うが「ヤブ先生」とは言わない の差

 
専門家:小野正弘(明治大学 文学部 教授)、藤原弘幸(養父市役所 社会教育課

 
この差は・・・

 実在の医者のモデルがいたか どうか

元々「ヤブ医者」とは、養父(やぶ)という村にいた名医のこと。

 

ヤブ医者の語源は地名?!

ヤブ医者の語源は「地名」からきていると言われている。

兵庫県に養父(やぶ)市という場所があり、その養父市に、ヤブ医者のモデルがいたとされている。江戸時代にいた、長島 的庵(ながしま てきあん)というお医者さんが「ヤブ医者」のモデル

長島的庵は名医で、もともと「ヤブ医者」という言葉は、下手な医者ではなく名医を指す言葉だった。

 

なぜ「ヤブ医者」は「腕の悪い医者」を指す言葉になったのか?

江戸時代中期、但馬国養父(現在の兵庫県養父市)で医者をしていた長島 的庵は、他の医者がさじを投げた病人も治してしまうほどの名医として名を馳せていた


その評判が江戸にも伝わり、遂には五代将軍徳川綱吉の耳にも入り、村医者から将軍家の専門医にまで大出世した。


そして人々の間で、「養父の医者・的庵」のことを「養父医者」と呼ぶようになり、「名医」を指す言葉として使われていた

しかし、「長島 的庵」の名が広まれば広まるほど、お金を稼ぐために「自分は養父医者の弟子である」とウソをつく口先だけの医者が続出。その結果、「養父医者ブランド」の評判が急落し、現在の意味合いである「養父医者」=「腕の悪い医者」となってしまった

 

【minnano編集部】
「ヤブ医者」が元々「名医」のことだったとは驚きです!村医者から徳川のお抱え医師にまでなった「名医」だったのに、その名声を使用してウソをついた人々のせいで正反対の意味として使われるようになってしまったとは?!
みなさんの感想やエピソード、疑問など投稿して下さると嬉しいです!みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2018年5月22日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)