【この差】「お寿司のネギトロはネギがのっている」と「パックのネギトロにはネギがのっていない」の差

 
専門家:青木智宏(まぐろ商店 店長)

 
この差は・・・

 生臭さを消すためにネギをのせたか どうか

「ネギトロ」とは、マグロをミンチ状にしたもの。「ネギ」は全く関係ない。

 

ネギとマグロで「ネギトロ」ではない?!

「ネギトロ」とは、マグロをミンチ状にしたモノのこと。ネギは全く関係ない

 

なぜミンチ状にしたマグロのことを「ネギトロ」と言う?

マグロのお腹の部分は、「大トロ」、「中トロ」、「赤身」に分かれる


骨についた身は「中落ち」という。

身から皮を剥がし、身を取り除いた皮に残った部分が「ネギトロ」になる。

皮からスプーンで、身をそぎ取って「ネギトロ」を作るが、この「そぎ取る行為」を「ねぎ取る」と言い、「ネギトロ」の由来になっている。

江戸時代の建築用語で「土を掘る」ことを「根切り」と言っていた

「身をそぎ取る」様子が「土を掘る」ように見えたことから、この言葉がお寿司屋さんでも使われるようになり、「根切って取る」→「ねぎとる」→「ネギトロ」となっていった

 

「中落ち」と「ネギトロ」の差


骨についた「中落ち」を「ネギトロ」として扱うこともあるが、「大トロ」と「中トロ」に面した脂ののった皮目の身を使う本来の「ネギトロ」とは、味がまったく違う。「中落ち」は、脂が少なくあっさりしている。

 

なぜネギをのせる?


マグロの身はミンチ状にすると空気に触れる部分がとても多くなり、生臭さが増す。その生臭さを消すために、ネギをのせたのが始まり

 

【minnano編集部】
「ネギトロ」に「ネギ」は関係なかったとは?!衝撃です!しかも「ネギトロ」の語源は建築用語だったとは?!
みなさんの感想やエピソード、疑問などレポして下さると嬉しいです!みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2018年5月22日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)