【この差】より健康効果のある「梅干しの食べ方」の差

 
専門家:白澤卓二(お茶の水健康長寿クリニック 院長)

 
この差は・・・

 骨粗しょう症予防には、朝よりも「夜に食べる」
 老化防止に効果的なのは、塩漬けの梅干しよりも「はちみつ漬けの梅干し」
 便秘解消に効果的な食べ合わせは、ごぼうよりも「ヨーグルト」
 血液サラサラにより効果的なのは、そのまま食べるよりも「煮て食べる」


梅干しを食べる時間や種類、食べ方で健康効果がアップ!

 

骨粗しょう症予防には「夜」に梅干しを食べると効果的!


骨のカルシウムが不足してくることが原因で起こる「骨粗しょう症」だが、カルシウムを骨に吸収されやすくするにはマグネシウムが必要梅干しにはたくさんマグネシウムが含まれているため、梅干しを食べると「骨粗しょう症」の予防になる


カルシウムの吸収率は、午後8時頃からから上がるため、夕食に梅干しを食べるとマグネシウムが補われて、より効率よく骨を作ることができ、「骨粗しょう症」の予防につながる。梅干しを食べている人は食べていない人よりも骨密度が約10%高いという調査結果もある。

 

「はちみつ漬け」の梅干しは、老化防止効果のある成分が塩漬けよりも3割アップ!


梅干しには抗酸化作用があり、老化防止に効果がある「梅リグナン」が含まれる
「はちみつ漬け」の梅干しは、作る時に塩漬けの梅干しを塩抜きするため、塩が抜けた隙間に種の中の「梅リグナン」が出てくる。そのため「梅リグナン」の濃度が上がる。「梅リグナン」の含有量が塩漬けよりも「はちみつ漬け」の方が3割ほど増している。


種をチュウチュウ吸うだけでは「梅リグナン」は出てこない。「はちみつ漬け」にするほか、焼酎に漬けて「梅リグナン」を出すという方法もある。

 

「ヨーグルト」との食べあわせで便秘解消


梅干しには便秘解消効果のあるクエン酸が豊富だが、より効果を出すには「ゴボウ」と組み合わせるよりも、「ヨーグルト+梅干し」がよい。

「ヨーグルト」は腸内の善玉菌を増やす一方、梅干しに含まれる「クエン酸」は悪玉菌の増殖を抑制してくれる組み合わせることで善玉菌がより活性化されて便秘を解消してくれる。

おすすめレシピは「梅酒ヨーグルト」

梅酒1:飲むヨーグルト2で飲みやすく便秘にも効果的なドリンクになる。

 

梅干しを加熱することで血液サラサラ効果がアップ!


梅干しの血液サラサラ効果を発揮させるには、「そのまま食べる」よりも、「煮て食べる」ほうがよい
梅干しを加熱すると、血液が固まるのを防ぐ「ムメフラール」という物質が発生し、血液をサラサラにして心筋梗塞・脳梗塞を予防する。煮物に梅干しを入れることで、手軽に血液サラサラ効果を得ることができる。

 

加熱した梅干しには脂肪燃焼効果も!


梅干しを生で食べるだけでも脂肪燃焼効果は得られるが、加熱することで「バニリン」という脂肪燃焼効果がある成分がおよそ20%アップする。

 

日本一の梅の産地和歌山県で聞いた、血液サラサラ!脂肪燃焼!「加熱」梅干し料理

〇炊き込みご飯


米1合につき、しそ漬けの梅干し1粒を入れ、炊飯器で普通に炊く

塩漬けの梅干しでも美味しく作ることができる。お茶漬けにして食べてもおいしい

〇梅のパリパリ焼き


餃子の皮の上に大葉・たたき梅・豚バラ肉を載せて巻き、ごま油をひいたフライパンで焼いていく。餃子の皮に焼き目がついたら完成。



チーズを入れるのもオススメ

〇万能ソース!梅びしお


和歌山県には、「梅びしお」という万能調味料があり、魚の刺身にもつけて食べている。作り方は、まず梅干しをお湯に1時間つけて塩抜きしてから種を取り、裏ごしする。裏ごしした梅を鍋に入れて弱火で15分ほど煮、砂糖・みりんで調味ひと煮立ちさせ梅にとろみがついてきたら、梅干しの健康効果を最大限に引き出した「梅びしお」のできあがり


 

【minnano編集部】
血液サラサラ、脂肪燃焼効果が期待できる、梅干しの「加熱」レシピ、どれも美味しそうですね!「梅びしお」はじめて聞きました!みなさん、ぜひお試しください!!
みなさんの感想やエピソード、おすすめレシピなど、レポして下さると嬉しいです!みんさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2018年5月29日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)