【この差】知って得する!「ミニトマト」にまつわる差

 

「ミニトマトの種類」は、何種類くらいあるの?

現在、日本で流通している「ミニトマト」の種類は、50種類以上。

【注目のミニトマト】「アメーラ・ルビンズ」!

「アメーラ・ルビンズ」は、主に静岡県や長野県で栽培されており、一般的なミニトマトの糖度が6度前後なのに対して、糖度10度以上と、とても甘い。

【注目のミニトマト】「キャンディドロップ」!

「キャンディドロップ」は、名前の通り、糖度は12~13度と、とても甘い。

【注目のミニトマト】「ジュリエッタ」!

「ジュリエッタ」は、1粒なんと、約125円という「高級ミニトマト」で、柔らかいのが特徴。

 

「ミニトマト」の色の差は?

「ミニトマト」の色の差は、実は「栄養成分」の差

【注目の栄養成分】(赤)「リコピン」!

「赤いミニトマト」の栄養成分は、「リコピン」「抗酸化作用」があり、「生活習慣病の予防」「老化を遅延させる効果」「美容効果」などが期待できる。

【注目の栄養成分】(黄)「ルチン」!

 「黄色いミニトマト」の栄養成分は、「ルチン」というポリフェノールの1種。「ルチン」は「血管の補強作用」があり、「動脈硬化」や「高血圧」の予防に繋がると言われている。

【注目の栄養成分】(オレンジ)「ベータカロテン」!

「オレンジ色のミニトマト」の栄養成分は、「ベータカロテン」。「ベータカロテン」は「免疫力アップ」が期待でき、「風邪予防」などに効果があるとされている。

【注目の栄養成分】(緑)「クロロフィル」!

「緑色のミニトマト」の栄養成分は、「クロロフィル」。「クロロフィル」は老廃物を体の外に出す「デトックス効果」があるとされている。