【この差】知っておきたい!「お酢の健康効果」の差

 
専門家:小泉幸道(東京農業大学 名誉教授)

 

【この差】は…
 「お酢」は最強の調味料!食材との組み合わせで、いろいろな「健康効果」が期待できる!

【この差】のポイント!
 〇「高血圧予防」には「酢ピーナッツ」がオススメ!
 〇「疲労回復対策」には「お酢&ご飯」がオススメ!
 〇「骨粗しょう症予防(カルシウム不足)」には「お酢入り 牛乳」か「お酢入り あさりのみそ汁」がオススメ!
 〇「冷え性対策」には「黒酢」がオススメ!

 

「お酢」は最強の調味料!

「お酢」には、「夏バテ予防」や「疲労回復」、「脂肪燃焼」など夏を乗り切るための“うれしい効果”がたくさんある。

他にも「血圧の上昇」や「血糖値の上昇」を防いでくれるなど、様々な健康効果が期待できる。しかも、「お酢」は料理に入れて加熱しても成分が壊れにくいため、「最強の調味料」と呼ばれている。


 

「お酢」は、基本的に健康効果は同じ!

「お酢」は、「米酢」のほか、「いちご」や「レモン」、「赤ワイン」等、原料が異なるさまざまな種類がある。どのお酢を使用しても、基本的な健康効果は変わらない

 

「高血圧予防」のある「お酢」。「毎日続ける」のがポイント!

「3大疾病」と言われる「心筋梗塞」「脳卒中」の原因の1つである「高血圧」。「お酢」に含まれる「酢酸」には、血管を広げる働きがあり「血圧の上昇」を抑える効果がある。


実際に、毎日1回大さじ1杯(15ml)の「お酢」をとり続け、「血圧の変化」を測定した実験では、元々「150以上」あった血圧が、8週間後には「140台前半」まで下がった。しかし、「お酢」をとるのをやめたとたんに血圧が元の数値に戻り始めた。



つまり、「お酢」は毎日とらなければ、血圧を下げる効果はない