【この差】「健康マニア芸能人が実践する健康法」は正しい、正しくない、どっち?!

 
専門家:富田益臣(下北沢病院)、白澤卓二(お茶の水健康長寿クリニック 院長)、早坂信哉(東京都市大学 教授)

 

【この差】は…
 「朝5:30からの運動」
 「朝食に柑橘系のスムージーを飲む」
 「45℃のお風呂に入る」
 は間違っている。

【この差】のポイント!

 「階段や坂道を歩く」
 「朝食は脂身たっぷりのステーキをレアで食べる」
 「16時間何も食べない」
 はオススメの健康法。

 

健康マニア芸能人が実践するさまざまな健康法

芸能人には健康マニアがたくさんいる。例えば、秋野暢子さんは、毎朝10km走る小柳ルミ子さんは、ほうじ茶で鼻うがいをする。サンプラザ中野さんは、1日1食しか食べない。これらの健康マニア芸能人が実践する健康法は正しいのか?!
今回は、かしまし娘の次女・照枝さん(85歳)、三女・花江さん(82歳)にご協力頂き、その「健康法」が医学的に正しいのか、正しくないのか、専門家に聞いてみた

 

「かしまし娘の健康法」 朝の運動編 間違っているのはどれ?!

かしまし娘(三女・花江さん)の朝の運動
健康法① 朝5:30から運動
健康法② 階段や坂道を歩く
健康法③ 毎日2時間の運動

間違っているのは、「朝5:30から運動」
朝の運動は、脳卒中や心疾患のリスクがある。「脳卒中の時間帯別発症数」を見ると、一番多いのは午前中の8~12時、次に多いのは午前中の4時~8時となっていて、5時半からの運動は脳卒中を起こしやすい。

人間は寝ている間に約500mlの汗をかくため脱水になっていて、血管の中の水分が不足し、血液がドロドロで血栓ができやすい状態になっている、そのため心筋梗塞や脳梗塞をおこしやすい。血液中の水分が増えるには時間がかかるため、朝運動する場合は、水を飲みしっかり時間をおいてから運動するようにしないといけない。

他の2つは正しい健康法だが、中でもオススメの健康法は「階段や坂道を歩く」階段や坂道を歩くと、平地に比べ約5倍の運動量を得ることができる。上るのはもちろん、下ることも足の筋肉を使うので、上り下りするのがとても良い。

 

「かしまし娘の健康法」 朝食編 間違っているのはどれ?!

かしまし娘の朝食
健康法① 朝食はパンではなくごはん
健康法② 朝食はしっかり食べ、昼食・夕食は控えめ
健康法③ 柑橘系のスムージーを飲む
健康法④ 朝食は脂身たっぷりのステーキをレアで食べる

三女・花江さんは、「八丁味噌」を使ったみそ汁、納豆に山芋・卵・ミョウガを加えた「ネバネバ料理」、「イワシのみりん干し」、「生野菜サラダ」、噛んで食べることを意識した「十五穀米」等、メニュー豊富な朝食。1日の食事のボリュームは、朝10、昼7、夜3を心掛けている。一方、次女・照枝さんは、朝は遅くまで寝ていて、朝食からレアのステーキを食べる。

間違っているのは、「柑橘系のスムージーを飲む」
食材はグレープフルーツ、レモン、ミカン、トマト、キウイ、小松菜だが、柑橘系の果物には「ソラレン」という紫外線を吸収しやすい物質が入っている。そのため、柑橘系のスムージーを飲んでから外に出て紫外線を浴びると皮膚で活性酸素が発生するため美容に良くない

他の3つは正しい健康法だが、中でもオススメは「脂身たっぷりのステーキをレアで食べる」こと。健康長寿の方はお肉を選択する人が多く、中でもステーキを食べる人が多い。牛肉の脂肪成分には、認知症予防やアレルギーの抑制、コレステロールを下げる効果のある「オメガ3」が含まれていて、最近牛肉は見直されている

お肉を焼きすぎるとAGEによりガンや認知症の原因になるので、焼きすぎないレアがオススメ

 

「かしまし娘の健康法」 生活編 間違っているのはどれ?!

かしまし娘の生活
健康法① マージャンをする
健康法② 45℃のお風呂に5分入る
健康法③ 晩酌にウィスキーを飲む
健康法④ 16時間何も食べない

次女・照枝さんは、熱いお風呂にサッと入るのが好き。お風呂上がりの晩酌はウィスキーで夕飯を食べながら飲む。夕食は、卵豆腐、牛肉と白菜の煮物、漬物、サラダ、そしてステーキと肉中心のメニューで、16:00から17:30まで1時間半かけてゆっくり食べる。その後、翌朝の9時半まで16時間全く食事をとらない。

間違っているのは、「45℃のお風呂に5分入る」こと
45℃という温度は大変危険温度が高いと脳が緊張状態になり、血圧や脈拍が上がってしまう。そのため、脳卒中や心筋梗塞の危険性がある。

温度は38℃~41℃くらいの少しぬるいお湯に10分~15分くらい、少し汗をかく程度入るのが良い

他の3つは正しい健康法だが、中でもオススメは「16時間何も食べない」こと。最近はアルツハイマー病の治療にも使われている方法絶食を始めて12時間くらい経つと、脳の中でごみの掃除を始めるアルツハイマー病は、通常ないタンパク質が脳に溜まるのが原因で起こると言われている。

絶食するとエネルギー源を自分で作らなくてはいけなくなるため、ゴミ(タンパク質)を回収してエネルギー源にしようとする。絶食をしないと、タンパク質がエネルギー源として使われないので脳のゴミであるタンパク質が溜まりやすくなってしまう。また、中年の方や若い人が行っても、動脈硬化などに効果があり、3ヶ月に1日の断食でも効果があると言われている。

 

【minnano編集部】
「かしまし娘」お二人の健康法は、それぞれかなり違いますね!朝から脂身たっぷりのステーキをレアで食べることが良かったり、柑橘系のスムージーを飲むことが間違っていたり…驚きの内容でした?!
みなさんの感想やエピソード、疑問などレポして下さると嬉しいです!みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2018年7月10日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)