【この差】「祝日」と「祭日」の差

 
専門家:高森明勅(日本文化総合研究所 代表)

 

【この差】は…
 戦前の名残か どうか

【この差】のポイント!

現在は全て「祝日」。戦前にあった「祭日」は全て戦後に廃止された。

 

どれが「祝日」で、どれが「祭日」?

「祝祭日」は、一年間で16日ある土日以外の休みの日のこと。現在は、「元日」、「成人の日」、「建国記念の日」、「春分の日」、「昭和の日」、「憲法記念日」、「みどりの日」、「こどもの日」、「海の日」、「山の日」、「敬老の日」、「秋分の日」、「体育の日」、「文化の日」、「勤労感謝の日」、「天皇誕生日」の16日。

実は、この全てが「祝日」

 

なぜ「祭日」という休みの日があると思っている?

戦前は「祭日」という休みの日があったが、終戦後「祭日」という休みの日は全てなくなり「祝日」のみになった

しかし、戦前の名残があって、世代が変わっても「祭日」という休みがあると思っている人が多く、「祝祭日は休業」と掲げられたりしている

 

なぜ戦後「祭日」がなくなった?

終戦後、GHQ(連合国軍最高司令官総司令部)が占領下において「祭日」をなくした

「祭日」とは、明治時代に定められたもので、皇室の大切な祭事が行われる日のこと


例えば、1月30日の「孝明天皇祭」は、この日に亡くなった孝明天皇を偲ぶ祭が皇室で行われる日。皇室の大切な祭事の日は国民も休みの日になっていた。

しかし、直前まで日本と戦争をしていたGHQは、当時の国民の極端な天皇崇拝思想が戦争を悪化させたと理解していて、その思想を取り除くため皇室の祭事に関心を呼び起こす「祭日」をなくした
全ての「祭日」がなくなり休みの日が減ってしまったため、新たに国民の休みの日である「祝日」を制定「元日」、「成人の日」、「春分の日」、「天皇誕生日」、「憲法記念日」、「こどもの日」、「秋分の日」、「文化の日」、「勤労感謝の日」の9つの「祝日」が定められた

 

なぜ「天皇誕生日」が「祝日」に?

GHQは天皇崇拝思想をなくすために「祭日」を廃止して新たに「祝日」を制定したが、「天皇誕生日」が「祝日」になったのは国民のアンケートを行ったため

「祝日」の制定はGHQが勝手に決めたわけではなく、国民のアンケートによって決められた。そのアンケートで「祝日」にしたいという意見が「元日」に次いで2番目に多かったのが「天皇陛下のお生まれになった日」だった。GHQとしては民主主義の推進を行っていたため、国民の意見を無視することはできず、アンケート内容を反映させることとなった。

 

【minnano編集部】
今は「祭日」はないとは?!戦後に新たに制定された「祝日」は国民へのアンケート結果を反映していることにも驚きです!戦後は9日だった「祝日」が、今は16日に増えているのですね!!
みなさんの感想やエピソード、疑問などレポして下さると嬉しいです!みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2018年7月10日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)