【この差】かき氷タイプのアイスの「丸いカップ」と「デコボコカップ」の差

専門家:小林景(日本アイスクリーム協会

 

【この差】は…

 中のアイスが回りやすいか どうか

 

 

【この差】のポイント!

 中のアイスが回りやすいものは「デコボコカップ」

 

なぜ「デコボコカップ」?

普通アイスは外側から溶けていくため、かき氷タイプのアイスはスプーンを挿したときにすべってクルクル回り、食べづらい

しかし「デコボコカップ」だと、アイスのまわりが溶けてすべっても、デコボコがあるためアイスが回るのを防いでくれる

 

【検証】本当に丸いカップだと回るのか?

「デコボコカップ」の中身を取り出し、一度砕いてから「丸いカップ」に移し、それを再び冷やして「デコボコカップ」の中身と同じ状態にして実験スタート。

「丸いカップ」だと、最初は普通にスプーンが入れられたが、2口目からはクルクル回りスプーンが上手く入れられなかった

「デコボコカップ」だと、デコボコがストッパーになり、何度スプーンを入れても中身が回らず、最後まで食べやすかった

 

なぜ「丸いカップ」に入ったかき氷タイプのアイスもあるのか?

氷の粒の大きさの差

氷の粒が小さいとシャリシャリしていてやわらかく、スプーンが簡単に入るそのため、「丸いカップ」に入れても回らない

一方、氷の粒が大きいと、硬くてスプーンが入りづらいため、「丸いカップ」に入れると回ってしまうそのため「デコボコカップ」に入れて中のアイスが回らないようにしている

 

【minnano編集部】
かき氷タイプのアイスのカップに隠された気遣い、お気付きでしたか?

最近は「丸いカップ」に入ったものが多い気がしますが、氷の粒が細かいかき氷タイプアイスが増えているということなのでしょうか?

みなさんの感想やエピソード、オススメのかき氷タイプアイスなどレポして下さると嬉しいです!みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2015年8月16日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)