【この差】「7月にお盆をする地域」と「8月にお盆をする地域」の差

専門家:石田一裕(光明寺 副住職)

 

【この差】は…
 
「7月の地域」は、「お経」や「明治政府の法律」に沿った地域。
「8月の地域」は、「農作業」に沿った地域。

 

【この差】のポイント!

「盂蘭盆経」という「お経」に「7月15日に行う」と書かれている。

 

なぜ「7月にお盆を行う地域」があるのか?

今でこそお盆を8月に行う地域が多いが、実は本来お盆は7月に行うもの。昔は日本全国、7月にお盆を行っていた。そもそも「お盆」は、「飛鳥時代」に「仏教」とともに日本に伝わってきたご先祖様を供養する「仏事(ぶつじ)」の1つで、「お盆」の時に読まれる「盂蘭盆(うらぼん)経(きょう)」という「お経」に、「7月15日に行う」と、はっきり書かれている

明治時代に、明治政府が海外の文化を積極的に取り入れてきた一環として、「暦(こよみ)」の変更がある

元々、日本では「旧暦」が使われていたが、西洋の「新暦」を採用したため、「暦」が、およそ1か月前倒しになってしまった。そのため、これまでお盆を行っていた旧暦の7月は新暦だと8月になった

しかし、明治政府は、新暦を採用する際に、「行事などの日程は、新暦になっても、なるべく旧暦の時と同じ日付で行うように!」との法律をつくり、法律によって、新暦になっても、お盆はこれまで通り7月15日にするのが望ましいとされた

つまり、旧暦の6月にお盆を行わなければならなくなり、新暦でも、日本全国7月15日にお盆が行われるはずだった

 

なぜ「8月にお盆を行う」のか?

明治政府の法律に沿って、東京や横浜の都心部では7月にお盆を行うようになったが、実は、郊外ではある理由により、7月にお盆を行うことが難しかった

お盆を7月に行うと、とても困る人々、それは農家の人たち。実は、新暦の7月15日は農家の人々にとって、とても忙しい時期!

米作りは、5月に田植えをするが、6月の梅雨が明けて、7月になると草刈りをしたり、肥料を与えたり、害虫の駆除など、米作りでとても重要な時期を迎える

そのため、この忙しい時期にお盆の準備ができず、これまでと同じ8月に行うようになった

 

【minnano編集部】
同じ県名でも旧盆の地域と新盆の地域があったりしますよね!なぜだろうと思っていましたが、農作業と関りがあったとは!?

みなさんの感想やエピソード、疑問などレポして下さると嬉しいです!みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2018年8月14日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)