【この差】「ウォータースライダー」の差

 
専門家:大橋菜央(じゃらん統括編集長)

 

【この差】は…
 
最速のウォータースライダーは、「フリーフォールスライダー」(ナガシマスパーランド)

 

【この差】のポイント!

第1位 最高時速 65km/h 「フリーフォールスライダー」(ナガシマスパーランド)
第2位 最高時速 45km/h 「スピードスライダー」(つま恋リゾート彩の郷)
第3位 最高時速 44km/h 「ビッグアロハ」(スパリゾートハワイアンズ)

 

いま、全国のウォータースライダーがすごい事に!

①「東京サマーランド(東京都・あきる野市)」にある超人気スライダー「デカスラ」!

ボートに乗って、高速でトンネルを抜けると、巨大なチューブの中を滑り落ち、最後は吸い込まれていく「新感覚のアトラクション」。

②「蓮沼ウォーターガーデン(千葉県・山武市)」にある「スプラッシュ シェイカー」!

巨大なチューブの中を高速で滑り落ちると、最大傾斜90度の急斜面を昇り、急降下するというスリリングなスライダー。

 

「ウォータースライダー」最大の魅力は?

「ウォータースライダー」の最大の魅力は、何といっても「スピード」!猛スピードで滑り落ちる、そのスリルが人々を虜にする!でも、一体、どのウォータースライダーが最速なのか?

そこで、毎年、夏に「ウォータースライダー」など、プールに関する特集を行っている雑誌「じゃらん」協力のもと、オススメ3つのウォータースライダーを大調査した!

スピードの計測方法は、最もスピードが出ると言われる「ゴール地点」に「スピードガン」を持ったスタッフがスタンバイ!飛び出てくる人のスピードを測定する。

 

エントリー1:「ビッグアロハ」(スパリゾートハワイアンズ)

「スパリゾートハワイアンズ(福島県いわき市)」にある「ビッグアロハ」

その特徴は、まず「長さ」。全長、なんと283m!浮き輪を使わずに滑るスライダーでは、「日本一の長さ」を誇る。さらに、スタート地点の高低差は、なんとビル10階に相当する40.5m!こちらも「日本一の高さ」を誇る。

 

エントリー2:「スピードスライダー」(つま恋リゾート彩の郷)

「つま恋リゾート彩の郷(静岡県掛川市)」にある「スピードスライダー」

その特徴は、全長65m!高低差はビル4階に相当する15m!全くカーブのない、シンプルなまでの「直線スライダー」だが、最大の特徴は、コース中にある「2つの山」!スタート地点意外にも2回落下することでスピードがさらに加速する。

 

エントリー3:「フリーフォールスライダー」(ナガシマスパーランド)

「ナガシマスパーランド(三重県桑名市)」にある「フリーフォールスライダー」

その特徴は、ビル5階分に相当する23mの高さ!最大の特徴は、日本最大級の傾斜角、驚異の60度!一気に直線急降下する。

 

結果:最速は「フリーフォールスライダー」(ナガシマスパーランド)

第1位 最高時速 65km/h 「フリーフォールスライダー」(ナガシマスパーランド)
第2位 最高時速 45km/h 「スピードスライダー」(つま恋リゾート彩の郷)
第3位 最高時速 44km/h 「ビッグアロハ」(スパリゾートハワイアンズ)

 

【minnano編集部】
どのウォータースライダーもスリル満点!凄い速さですね!!みなさんはどのウォータースライダーに挑戦してみたいですか?

みなさんの感想やエピソード、オススメのウォータースライダーなどレポして下さると嬉しいです!みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2018年8月14日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)