【この差】「台所」と「お勝手」の差

専門家:斗鬼正一(江戸川大学 社会学部 教授)

 

【この差】は…

 貴族たちが呼んだか、使用人の女性たち呼んだか どうか

 

【この差】のポイント!

室町時代、料理をして盛り付ける場所のことを貴族たちは「台所」と呼び、使用人の女性たちは「お勝手」と呼んだ。

 

「台所」の誕生

最初に生まれたのは「台所」。「台所」と言う言葉が生まれるきっかけになったのは、平安時代の貴族の屋敷にあったある場所

平安時代の屋敷では、調理をする場所は「厨(くりや)」と呼ばれていた

日本では奈良時代ごろから、火を使って調理する場所のことを「くりや」と呼んでいた

そして、中国から調理をする意味の「厨」という漢字が入ってきた時に、「くりや」にこの漢字を当てた

平安時代は料理をする場所と盛り付けをする場所が分かれており、盛り付けをする場所を「台盤所(だいばんどころ)」と呼んでいた

当時、食器を載せていた脚付きのお膳のことを「台盤」と呼び、台盤を並べて料理を盛り付けていたことから「台盤所」と呼ぶようになった

その後、次第に「台盤所」を略して、「台所」と呼ぶようになった。つまり、元々「台所」とは料理を盛り付ける場所のことだった

そして、「台所」で料理の盛り付けを仕切る、屋敷の主人の妻のことを「台所を取り仕切る人」ということで、丁寧な意味になる「御」をつけて「御台所(みだいどころ)」と呼ぶようになった

室町時代になると、料理をつくる「厨」から料理を盛り付ける「台所」まで料理を運ぶ手間を省くために、料理を作る「厨」と盛り付ける「台所」が同じ建物の中に作られるようになり、この場所全体を「台所」と呼ぶようになった

 

「お勝手」の誕生

「お勝手」という言葉は、「台所」という呼び方が生まれた少し後に誕生した。この時代になると、台所を取り仕切るのは主人の妻である「御台所」から「使用人」になった
室町時代になると男性の権力がより強くなり、男社会が色濃くなった。使用人の女性は屋敷の中を勝手に歩き回ったり、おしゃべりしたり、自由にできない風潮になっていった。

しかし、「台所」だけは、使用人の女性たちが食事をしたり談笑したり、男性の目を気にせず唯一自由に過ごせる場所だった。

つまり、「台所」だけが使用人女性たちにとって唯一勝手のきく場所だったので、丁寧語の「お」を付けて「お勝手」と呼ぶようになった

今でも台所にある小さな出入り口のことを「勝手口」と呼ぶが、昔も台所に出入り口があり、使用人の女性たちが勝手に外に行き来できる出入口だったので「勝手口」と呼ぶようになった

 

【minnano編集部】
「お勝手」という呼び方は、その名の通り「勝手がきく場所」という意味だったとは、面白いですね!

昔は料理をする場所と、盛り付ける場所が別の場所だったとは!?さぞかし大変だったのではないでしょうか?

みなさんの感想やエピソード、疑問などレポして下さると嬉しいです!みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2018年9月18日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)