【この差】「葉っぱが切られている大根」と「葉っぱが付いたままのカブ」の差

専門家:遠藤忍(青森・おいらせ町 大根農家)、渋谷ヒロアキ(神奈川県・藤沢市 カブ農家)

 

【この差】は…

 段ボールのコストがかかるか どうか
 洗う時間がかかるか どうか
 水分や養分が吸い取られてしまうか どうか
 葉っぱの栄養価が高く食べやすいか どうか
 葉っぱを切ると転がってしまうか どうか

 

【この差】のポイント!

「大根」は葉っぱが付いたままだと大きな段ボールが必要で、洗浄に時間がかかり、葉っぱに水分や養分を吸われてしまうため、葉っぱを切る。

「カブ」は葉っぱの栄養価が高くて食べやすく、葉っぱを切ると転がって傷んでしまうため、葉っぱが付いたまま。

 

なぜ「大根」は葉っぱを切っている?

理由はいくつかある。まず、葉っぱが付いたままの大根は70~80cmあり、大きな段ボールを用意しなければならなく余計なコストがかかる

そのため多くの農家では、大根収穫機で収穫する際に、葉っぱを同時に切っている

また、大根洗浄機で洗う際に、葉っぱが付いていない「大根」は約5秒で出てくるが、葉っぱが付いたままだと倍の10秒以上かかり、さらに葉っぱが絡まって機械が壊れることもある

そして、1番の理由は、畑から「大根」を抜いても「大根」は生きているため、葉っぱが成長しようとして白い根の部分から水分や養分をどんどん吸ってしまうこと。そのため、成長を止めるために葉っぱを切ってから出荷している。葉っぱがついていると冷蔵庫で1週間程度しか持たないが、葉っぱを切ると2週間は持つ。

 

なぜカブは葉っぱを付けたまま売っている?

「カブ」も「大根」と同様に白い根の部分から葉っぱに養分が逃げてしまう。それでも「カブ」には葉っぱを付けておきたい理由が2つある。

まず1つ目の理由が、「カブ」の葉っぱは栄養価が高く、味にクセがなくなくてとても食べやすいこと。葉物野菜の王様ホウレンソウと比較しても、「ビタミンC」は約2倍、「カルシウム」は5倍以上多く含まれる。

漬物屋さんなどで、葉っぱだけを購入する業者さんもいる。

「大根」の葉っぱも栄養価は高いが、「大根」の葉や茎の表面には小さなトゲがあり、大根特有の辛味が葉にもが含まれているのでクセがある

もう1つの理由は、葉っぱを切ってしまうとスーパーや八百屋で並んだ時にコロコロと転がってしまうため

転がってしまうと玉自体に傷がついて商品にはならないため葉っぱを付けて出荷している。

また、葉っぱがあることでいくつかの「カブ」を束ねて、まとめて売ることができる

 

【minnano編集部】
「カブ」の葉っぱの栄養価の高さには驚きました!捨ててはもったいないですね!!

「カブ」は葉っぱを切り落とすと転がってまうからという理由も面白いなど思いました。

みなさんの感想やエピソード、オススメのレシピなどレポして下さると嬉しいです!みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2018年10月2日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)