【この差】「次郎」と「二郎」の差

専門家:髙信幸男(名字・名前研究家)

 

【この差】は…

 「2番目に生まれた男の子」か「12番目に生まれた男の子」か どうか

 

【この差】のポイント!

「次郎」は「2番目に生まれた男の子」。

「二郎」は「12番目に生まれた男の子」。

 

なぜ男の子の生まれた順番で付けられた名前ができたのか?

このような名前を付けたのは平安時代後期の武士たち。当時、武士の子どもは成人するまで「正式な名前」を付けてもらえなかったその代わりに通称として、武家では子どもが生まれた順番に「三郎」「四郎」「五郎」と付けた

例えば、「源家」では、頼朝は3番目に生まれた男の子だったので「正式な名前」が付けられるまでは「三郎」、義経は9番目に生まれた男の子だったので「九郎」という通称が付けられていた。

また、織田信長は3番目に生まれた男の子だったので「三郎」という通称だった。

当時は子どもの数が多かったので、どの子どもがその家の跡継ぎか、家族以外の人にも分かるように生まれた順番に通称を付けた

 

「2番目に生まれた男の子」に付けられた通称は、「次郎」「二郎」どっち?!

「2番目に生まれた男の子」に付けられた通称は、「次郎」

家を継ぐ可能性の高い最初に生まれた男の子には、「丈夫に育つ」という意味のある「太」という漢字を使い、「太郎」と付けた

そして、「2番目に生まれた男の子」は、太郎の「次」の跡継ぎということで、「次郎」と付けた

 

「二郎」はどのような男の子に付けられた?

「二郎」は「12番目に生まれた男の子」に付けられた通称

当時の武士は切腹する際「十」時に腹を切ったことから、「十」は縁起が悪いとされ、どうしても省きたいと考え、「十二郎」ではなく「二郎」とした

同じ理由で、「11番目に生まれた男の子」も、「十一郎」ではなく「一郎」と付けられた

 

「2番目に生まれた男の子」に「二郎」と付けるようになったのは?

江戸時代中期になると子どもの数が減り、そもそも「二」には2番目という意味があるため、2番目に生まれた男の子にも「二郎」と付けられるようになっていった

また、江戸時代中期からは、最初に生まれた男の子に「一郎」と付けるようになった

 

「13番目に生まれた男の子」にどんな通称を付けた?

「十三郎」は「十」を省くと「三郎」となり、「3番目に生まれた子ども」と同じ通称になってしまう。

そこで付けられたのが、「又三郎」や「与三郎」という通称

「又」は「再び」という意味があり、「与」は「さらに加える」という意味がある。そのため、「再び生まれた三郎」ということで付けられた。

 

「三四郎」は何番目に生まれた男の子?

「三四郎」は、「7番目に生まれた男の子」に付けられた

当時「七」の字は、切腹した「十」字から内臓が飛び出したように見えることから、縁起が悪いとされていた

そこで、「7=3+4」ということで縁起を担ぐ人は「三四郎」と付けた

 

【minnano編集部】
もともと「二郎」は12番目に生まれた男の子に付けられた通称だったとは!「十」を省いた理由にも驚きました!!

みなさんの感想やエピソード、感想などレポして下さると嬉しいです!みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2018年10月2日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)