【この差】「そば」の食べ合わせによる健康効果の差

専門家:池田清和(神戸学院大学 栄養学部 名誉教授)

 

【この差】は…

 「高血圧予防」には「大根おろし」
 「免疫力アップ」には「なめこ」
 「便秘解消」には「わかめ」
  を合わせて食べると効果的

 

【この差】のポイント!

「大根おろし」は、食べる直前にするのがポイント。

「なめこ」以外の「しめじ」や「まいたけ」などのきのこも「免疫力アップ」に効果的。

「そば」の「不溶性食物繊維」と、「わかめ」の「水溶性食物繊維」の両方を摂ると「便秘解消効果」がアップ。

 

「そば」にはさまざまな健康効果がある!

 「そば」は「高血圧」や「動脈硬化」、「心臓病」など、様々な病気を予防できる、とても健康効果の高い食べ物

「そば」の産地として有名な長野県は、男性の平均寿命が全国2位、女性の平均寿命が全国1位であり、健康長寿の理由の1つが「そば」だと言われている

実は、「食べ合わせ」、つまりどのような食ベものを「トッピング」するかによって、「そば」の健康効果を倍増することができる。「そば」にどのような「具材」を入れて食べ合わせると、より効果的なのか?

 

「そば」の健康効果① 「高血圧予防」

「そば」は「高血圧」をはじめとする様々な血管の病気を予防するのに効果的な食べ物。その理由は、「そば」に含まれる「ルチン」という成分

「ルチン」は、老化によって弾力がなくなった血管を修復し、さらに血管の壁にこびりついて血流を悪くする「悪玉コレステロール」を取り除く効果がある

その結果、血液の流れがスムーズになり、血圧を下げる効果が期待できる。さらに、血流が良くなることで、「脳梗塞」や「心筋梗塞」などを予防することもできる。

 

「そば」と一緒に食べると「高血圧予防」により効果的な食材は?

「高血圧予防」には「大根おろし」が効果的「大根おろし」には「ビタミンC」が多く含まれている

この「ビタミンC」には、ルチンの働きを活性化する作用がある

その結果、「そば」だけを食べた時よりも血液の流れがよりスムーズになる

「すだちそば」なども「ビタミンC」が豊富で「高血圧予防」効果が高い。

大根はすりおろすと「ビタミンC」が徐々に減っていき、1時間も経つと半分くらいになると言われている。そのため、できるだけ「そば」を食べるときは直前に大根をすって食べるのが良い

 

「そばの種類」による「高血圧予防」の効果の差

「そば」には色の「白いそば」と、色の「黒いそば」の2つがある

色の違いは、そばの実の使い方による。

「白いそば」は、そばの実の真ん中の部分をとって麺にする。一方、「黒いそば」は皮の近くまで全体を製粉する

ルチンなどのいろいろな成分は、実はこのそばの外の方、表面のところに多く含まれるため、黒いそばの方が雑味は少しあるが、栄養的には優れている。そのため、「黒いそば」の方が「高血圧予防」に効果的と言える。

 

「そば」の健康効果② 「免疫力アップ」

「そば」の健康効果として、新たに注目されているのが「免疫力アップ」効果。その効果を生み出しているのが、「そば」に含まれる「LPS」と呼ばれる成分

体内に「ウイルス」や「細菌」などが入ってくると、通常は「免疫細胞」がそれらを退治してくれるが、不規則な生活や偏った食事を続けていると、「免疫細胞」の働きが弱くなってしまい病気になりやすくなる

 しかし、「そば」を食べると、そばに含まれる「LPS」が弱ってしまった「免疫細胞」の働きを活性化してくれるため、「ウイルス」や「細菌」を退治する効果がより期待できる。

 

「そば」と一緒に食べると「免疫力アップ」により効果的な食材は?

「免疫力アップ」には「なめこ」が効果的「なめこ」には「βグルカン」という成分が含まれている

「そば」に元々含まれる「LPS」と「βグルカン」が一緒になると、「免疫細胞」がパワーアップして非常に強くなる

「免疫力」は「そば」だけを食べた時と比べると2倍以上にもなると言われている。なめこ以外のキノコにも「βグルカン」は含まれていて、「しめじ」や「まいたけ」など、色々なきのこを入れた「きのこそば」は「免疫力アップ」に非常に良い

 

「そば」の健康効果③ 「便秘解消」

「そば」は「便秘解消」にとても効果的。なぜなら「そば」には「食物繊維」がたっぷり含まれていて、「そば」と同じ主食である「ご飯」や「うどん」と比べてみると、なんと2倍以上も「食物繊維」が入っている

「そば」に含まれる「食物繊維」の多くは、水に溶けにくい「不溶性食物繊維」。この「不溶性食物繊維」は体内に入ると、腸の中で「便」と混ざるのだが、この時「食物繊維」は水分を吸って膨張するため、「便のかさ」が増す

すると、増えた「便」によって腸が刺激され、「便」を押し出す動きが活発になるので「便秘」を解消することができる

 

「そば」と一緒に食べると「便秘解消」により効果的な食材は?

「便秘解消」には「わかめ」が効果的「そば」の食物繊維は水に溶けない「不溶性食物繊維」だが、「わかめ」の食物繊維は水溶性で、水に溶ける食物繊維これを両方摂ることが、「便秘解消」にとても効果的だと考えられている。

その理由は、「わかめ」に含まる「水溶性食物繊維」が便の中に入っていくと、便をゼリーのように柔らかくする効果があるため。

よりスムーズに便が排泄されるようになって、便秘解消につながる

 

【minnano編集部】
日本の麵料理の代表とも言える「そば」ですが、こんなにたくさんの健康効果が期待できるとは知りませんでした!

しかも「食べ合わせ」によってその効果が倍増するとは!?知らないと損ですね!!

みなさんの感想やエピソード、オススメのおそば屋さんなどレポして下さると嬉しいです!みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2018年10月16日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)