【この差】「サバ寿司」と「バッテラ」の差

専門家:川澄健(GINZA ONODERA 鮨アカデミー 講師)

 

 

【この差】は…

 元々サバを使ったお寿司だったか どうか

 

【この差】のポイント!

「バッテラ」は元々「コノシロ」を使っていた。

 

先に誕生したのは「サバ寿司」

先に生まれたのは「サバ寿司」で、江戸時代に今の形の「サバ寿司」が作られたと言われている。一方、「バッテラ」が生まれたのは明治時代になってからで、元々サバを使ったお寿司ではなかった

 

「バッテラ」は元々どのようなお寿司だった?

明治24年に「バッテラ」が生まれた。そのきっかけになったのは大阪湾で大量に獲られた「コノシロ」

「コノシロ」とは「コハダ」が大きく成長したもので、いわゆる出世魚

「コノシロ」が獲れ過ぎて困った漁師は、「寿司常」というお寿司屋さんに「コノシロ」を使ってもらえないか頼んだ

お寿司屋さんは酢で締めた「コノシロ」の上に酢飯をのせて、1つ1つ布巾で巻いて形を整え、「コノシロの姿寿司」を作った

このお寿司は美味しいと評判になり注文が殺到したが、1つ1つ巻いて作るととても時間がかかるという問題があった

そこで、店主は「コノシロ」の形に合わせた木の型を作ることを思いつく

木型の中に「コノシロ」と酢飯を入れて上から押したら、もっと手早く作れると考えた

こうして木型を使って作られた新たな「コノシロ」のお寿司が作られた

 

なぜ「バッテラ」と呼ばれるようになった?

「バッテラ」は、ポルトガル語で「小舟」を意味する「バッテーラ」から付けられた名前

「コノシロ」のお寿司は「小舟」の形に似ていたことから、「バッテーラ」と呼ばれるようになり、次第に「バッテラ」となっていった

大阪は安土桃山時代からポルトガルと貿易を行っており、大勢のポルトガル人が出入りしていた

そんな彼らは小舟のことを「バッテーラ」と呼んでいたため、昔は大阪の人にとって「バッテーラ」は馴染みのある言葉だった

 

なぜ現在「バッテラ」は「コノシロ」ではなく「ザバ」を使うようになった?

「バッテラ」を売り出してからしばらくして、「コノシロ」が急に獲れなくなり、値段が高騰した。そこで、年間を通して安定して獲れる「サバ」で代用しようということになり、「サバ」の「バッテラ」が作られるようになった

 

【minnano編集部】
「サバ寿司」と「バッテラ」の違い、知りませんでした!「バッテラ」は元々サバのお寿司ではなかったのですね?!

「バッテラ」がポルトガル語だということにもビックリです!!

みなさんの感想やエピソード、オススメのお寿司屋さんなどレポして下さると嬉しいです!みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2018年10月23日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)