【この差】「昔の健康常識」と「今の健康常識」の差|「マッサージ」に関する最新の健康常識とは?

専門家:岡田正彦(新潟大学 名誉教授)

 

【この差】は…

 足が疲れた時「ふくらはぎを揉むと疲れがとれる」は間違い

 

【この差】のポイント!

 足が疲れた時、「ふくらはぎを揉む」のは危険。

 

 

「マッサージ」に関する新しい健康常識:「足が疲れた時ふくらはぎを揉むのは危険」

ふくらはぎは「第2の心臓」と呼ばれ、心臓から脚まで下りてきた血液をふくらはぎの筋肉がポンプのような働きをすることで再び心臓まで戻すという役割がある。

そのため、昔はふくらはぎを揉むことでポンプ機能が促進されて血行が良くなると考えられていた

しかし、最近の研究では、ふくらはぎにある心臓に繋がる大動脈には血栓ができやすいことが分かってきた

 

なぜふくらはぎを揉むと危険?

ふくらはぎの血管は、血液を体の下から押し上げる折り返し地点であるため、他の血管に比べて血流が悪く、血栓ができやすい

通常は血栓ができてもその多くは非常に小さいためそれほど心配はないが、ふくらはぎを揉むことで血栓が一気にはがれてしまうと非常に危険

はがれた血栓が肺などの血管に詰まることで呼吸困難など命に係わる様々な症状を引き起こす危険性があるので、一日中座って仕事をしている人や運動不足、肥満の人は特に注意が必要。

 

足が疲れた時はどうすればいい?

ふくらはぎがだるい時は、もむのではなくさするだけにするさするだけでも血行は回復する

 

【minnano編集部】
健康に良いと思って、毎日のようにふくらはぎをマッサージしていました?!すぐに止めます!!

こんなに「健康常識」が変化しているとは、驚きです!情報更新は重要ですね!!

みなさんの感想やエピソード、健康のために気を付けていることなどレポして下さると嬉しいです!みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2018年11月27日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)