【この差】「十二支に入っている動物」と「十二支に入っていない動物」の差

専門家:山口謠司(大東文化大学 文学部 准教授)

 

【この差】は…

 漢字の形や意味合いから身近な動物を当てはめたか どうか

 

【この差】のポイント!

 「十二支誕生」の昔話は作り話。

 

 

「十二支誕生」物語

「十二支誕生」の昔話は絵本としてたくさん並んでいる

昔、中国で年の瀬に神様が屋敷に動物たちを集めて、「1月1日の朝に私の所に来てください。最初に到着した者から12番目までに到着した者を順番に1年ずつその年の大将にしましょう。」と話した

それを聞いた動物たちは我こそが1番になると張り切った
まず夜中のうちに「うし」が出発したが、それを見ていた「ねずみ」は「うし」の背中に乗って行けば寝ながら行けると考えこっそり「うし」の背中に飛び乗った

朝になると他の動物たちも出発。結局最初に到着したのは「うし」だったが、背中に乗っていた「ねずみ」が飛び降り、「ねずみ」が1番に到着し、「うし」が2番になった。

続いて足の速い「とら」、「うさぎ」が到着、さらに「りゅう」、「へび」、「うま」、「ひつじ」、「さる」、「とり」、「いぬ」と動物たちが次々に到着する中、最後の12番目に到着したのは「いのしし」だった。

足の速い「いのしし」だが、神様の屋敷の前を一度通り過ぎてしまったためギリギリの12番目に辿り着いた。こうして、神様の屋敷に着いた到着順に「十二支」の動物が決まった

ちなみに「十二支」に「ねこ」は入っていないが、これは「ねずみ」にウソをつかれて、「ねこ」は1月2日に神様の所に行ってしまったから

 

「十二支」はどのように決められた?

実は、「十二支誕生」の昔話は正しくない。あくまでも作り話

「十二支」は紀元前1600年頃、中国の殷(いん)の時代に作られたもの。そもそも12の字は動物を表したのではなく、1番~12番までの順番を表す漢字だった。しかし、当時の中国には漢字が分からない人がたくさんいたので、漢字が分からない人でも「十二支」を覚えられるようにそれぞれの漢字に12の動物を当てはめて覚えやすくした

例えば、「子(ね)」の字は「子ども」の「子(こ)」とも読み、たくさん子どもを産む身近にいる動物が「ねずみ」であったため、「子」の字に「ねずみ」を当てはめた。 

「巳(み)」の字は「へび」のような形をしているので「へび」「卯(う)」の字は形が「うさぎ」の耳に似ていることから「うさぎ」が当てはめられた。

「申(さる)」の字は人間のあばら骨に似ていたことから、人間に一番似ている動物「さる」が当てはめられた

このように、十二支の漢字を覚えやすくするため、文字の形や意味合いから身近な動物を当てはめていき、「十二支」の動物が誕生した。

 

日本では来年「いのしし」年だが、中国では違う?!

日本には6~7世紀の飛鳥時代に伝わり、現在日本で使われている「十二支」になった

日本では来年「いのしし」年だが、中国では「ぶた」年。これは、日本に「十二支」が伝わった際に「ぶた」が日本にいなかったうえに、「ぶた」という動物を知らなかったため。そこで、「いのしし」が「ぶた」に似ていることから、代わりに「いのしし」が当てはめられた。日本に「ぶた」が入ってきたのは明治時代になってから。

 

【minnano編集部】
「十二支誕生物語」は作り話ですが、ズル賢い「ねずみ」が「うし」の背中に乗って1番になったり、猫にウソをついたり、足の速い「いのしし」が屋敷を通り過ぎてビリになったり…面白いですよね!

中国では「いのしし」年ではなく「ぶた」年だということにも驚きました!!

みなさんの感想やエピソード、疑問などレポして下さると嬉しいです!みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2018年12月18日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)