【この差】 「謹賀新年」「賀正」「迎春」「あけましておめでとうございます」の使い方の差

専門家:岩下宣子(マナー講師)

 

【この差】は…

 目上の方に送るのにふさわしいか どうか

 

【この差】のポイント!

 目上の方に送る年賀状には敬う言葉が含まれる「謹賀新年」がふさわしい。

 

年賀状に書かれている言葉

年賀状には、「謹賀新年」「賀正」「あけましておめでとうございます」「迎春」の4つ言葉のいずれかが書かれていることが多いどれも新年を祝う言葉だが、使い方に差はあるのか?

 

目上の方に送ると失礼になる言葉がある?!

どの言葉も年賀状にふさわしい言葉だが、目上の方に送ると失礼になる言葉がある目上の方に送る文書には必ず敬う言葉を入れるのがマナーだが、4つの言葉の中には敬う言葉が全く入っていないものがある

「謹賀新年」は、「謹んで新年をお祝いする」という意味で、「謹」の字が敬う意味を表すため、目上の方に送っても良い

「賀正」は「恭賀新正」を簡略化した言葉「恭賀新正」は、「恭」は敬う、「賀」は祝う、「新」は新たな、「正」は正月を表し、敬う言葉を含んでいるので目上の方に使うのにふさわしい

しかし、簡略化した「賀正」は敬う意味の「恭」の字が省かれてしまうので、目上の方へ送る年賀状にはふさわしくない

「迎春」は「迎春万歳」を簡略化した言葉。そもそも「万歳」は古代中国で皇帝の世が栄えていることを祝うために下々の者が使っていた言葉で、目上の方を敬う言葉

そのため「迎春万歳」は目上の方に使うのにふさわしいが、「迎春」と簡略化してしまうと敬う言葉が省かれるため、目上の方に送る年賀状にはふさわしくない

「あけましておめでとうございます」には敬う言葉が含まれていないので、目上の方に送る年賀状にはふさわしくない

つまり、目上の方に送る年賀状にふさわしいのは「謹賀新年」だけ

 

【minnano編集部】
目上の方に送る年賀状にふさわしいのが、「謹賀新年」だけだったとは?!衝撃です!

来年の年賀状からは、お送りする相手によって、きちんと言葉を使い分けないと!!

みなさんの感想やエピソード、疑問などレポして下さると嬉しいです!みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2018年12月18日放送)」をチェック!!専門家のわかりやすい解説と出演者のトークが楽しめますよ!!

(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)