【この差】「おみくじの引き方」にまつわる差

専門家:冨田信太郎(朝日天神神社 宮司)

 

【この差】は…

 自分が悪い結果だと思った「おみくじ」は、利き手でない方で結んで帰るか どうか

 

【この差】のポイント!

 自分が良い結果だと思った「おみくじ」は持って帰って財布に入れておくと利益を得られる。

 

「おみくじ」の種類

多くの神社でおみくじは、上から順番に「大吉」「中吉」「小吉」「吉」「末吉」「凶」「大凶」の7種類ある。

 

「おみくじ」は家に持って帰る?神社に結んで帰る?

自分が悪い結果だと思った「おみくじ」は、悪い運を持って帰らないように神社に結んで帰り、自分が良い結果だと思った「おみくじ」は、良い運を持って帰って財布に入れておくことでご利益を得られると言われている。

 

自分が悪いと思う「おみくじ」を引いた時の結び方とは?

自分が悪いと思う「おみくじ」を引いた時は、利き手ではない方の手で結ぶと、困難を成し遂げたことになり結果が1つ上がり、「大凶」は「凶」に、「凶」は「末吉」になると言われている

 

「おみくじ」は何度引いてもいい?

「おみくじ」は何度引いても良い嫌な気分で帰るより良い気分で帰った方が、より福が来ると考えられているので、自分が納得するまで引いていい

 

【minnano編集部】
「おみくじ」は何度引いてもいいとは驚きました!

自分が悪いと思う「おみくじ」を引いたら、利き手と反対の手で結ぶと結果が一段階良くなるというのも面白いですね!!

みなさんの感想やエピソード、疑問などレポして下さると嬉しいです!みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2018年12月18日放送)」をチェック!!専門家のわかりやすい解説と出演者のトークが楽しめますよ!!

(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)