【この差】「生さんま」と「解凍さんま」の差|プロが教える「解凍サンマ」を美味しく焼く方法

専門家:茂野革雄(神楽坂KIMURAYA)、橘光太郎(有いち

 

【この差】は…

 脂がのっているか どうか

 

【この差】のポイント!

 12月だと「解凍サンマ」の方が脂がのっていて美味しいと感じる人が多い。

 

どちらが美味しい?

12月頃スーパーに行くと、「生サンマ」が少なくなってきて、「解凍サンマ」が多く売られている。どちらも値段に差はないが、味に違いはあるのか?

12月だと、「解凍サンマ」の方が脂がのっていて美味しいと感じる人が多い

実際に、同じサイズの「生さんま」と「解凍サンマ」の断面を比べてみると、「生さんま」は皮と身の間の脂の層が薄いのに対し、「解凍サンマ」は脂の層が厚い

 

なぜ「解凍サンマ」は脂がのっている?

毎年サンマが獲れはじめる8~9月、サンマはエサの豊富な北海道近海に行き、丸々と太ったサンマになる

12月頃スーパーに並んでいる「解凍サンマ」は、8~9月の太っている時期のサンマを冷凍保存し、解凍して店頭に並べている

一方、「生サンマ」は11月以降、北海道近海から産卵場所である和歌山県近海に南下して来たものなので、長い移動でやせて脂が少なくなっている

そのため、12月頃は「解凍サンマ」の方が脂がのっていて美味しいと感じる

 

和食のプロ直伝!「解凍サンマ」を美味しく焼く方法

「解凍サンマ」は栄養分を多く含んでいる分、水分も多く含むため、焼くとベチャベチャになってしまう

そこで、和食のプロに「解凍サンマ」を美味しく焼く方法を聞いた

①水分を抜くため爪楊枝でサンマを刺して片面10箇所ほど穴を空け、余分な水分が身の外へ流れ出るように通り道を作ってあげる。

②サンマ一尾に対して小さじ一杯の塩をふる。

③30分間冷蔵庫で置く。こうすることで、浸透圧で余分な水分を空けた穴から出すことができる。

4分程グリルを温める。焼く時は、先にグリルを熱々に温めておくことがポイント。長時間焼くと脂が落ちてしまうので、事前にグリルを熱くしておき、なるべく短時間で焼き上げる。

⑤アルミホイルを敷いてサンマを焼いていく。

⑥3分ほど焼いてしっかり焼き目がついたら、アルミホイルで包み2分間蒸し焼きにして完成。

 

【minnano編集部】
つい「生さんま」の方が新鮮かな?と思ってしまっていましたが、時期によっては「解凍さんま」の方が脂がのっていて美味しいのですね!

プロが教える「解凍さんま」の焼き方は、楊枝で刺したり、アルミホイルで包んだり、簡単に試せる技ばかりですので、ぜひ試されてみて下さい!!

みなさんの感想やエピソード、オススメさんまレシピなどレポして下さると嬉しいです!みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2018年12月18日放送)」をチェック!!専門家のわかりやすい解説と出演者のトークが楽しめますよ!!

(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)