【この差】「しめ縄」「鏡もち」「門松」の飾り付ける期間の差

専門家:岩下宣子(マナー講師)

 

【この差】は…

 12月13日から28日までに飾り付けるか どうか

 

【この差】のポイント!

 12月13日は鬼が休んでいる日なので鬼に邪魔されず、正月準備を始めるのにうってつけの日。

 

なぜお正月に飾る?

「お正月」とは、その土地や家を守る歳神様が天から降りてくるのをお迎えする行事

「門松」は歳神様が迷うことなく家に来ることができるように目印として玄関前や門前に飾る

「しめ縄」は自分の家が歳神様を迎えるのにふさわしい神聖な場所と示すために玄関や勝手口に飾る

「鏡もち」は家に来た歳神様がお正月の間身を休める場所として飾る

 

飾り付ける日は決まっている

「しめ縄」「鏡もち」「門松」を飾り付けてもいい日は決まっている。それは12月13日12月13日は、中国から伝わった古くからの風習で「鬼宿日(きしゅくにち)」と呼ばれ、鬼が宿で休んでいるので何をしても邪魔されない日とされており、正月準備をするのにうってつけの日と考えられている

そのため、神社やお寺では今でも12月13日に正月準備を始めている

 

いつまでに飾り付ければいい?

飾り付けていいのは12月28日までで、29日以降に飾り付けてはいけない

28日の「8」は漢字で書くと「八」で末広がりになりめでたい

そこで、縁起の良い12月13日から28日までに準備をすれば、良いお正月を迎えられるとされている

 

正月飾りを取り外さないといけない日は?

正月飾りを取り外さないといけない日も決まっている

地域によっても異なる場合があるが、関東などでは1月11日が「鏡開き」で、「鏡もち」を取り下げる日とされている

そもそも「鏡開き」は全国的に1月20日に行われていたが、江戸時代に徳川三代将軍家光が4月20日に亡くなったことから20日が月命日とされるようになったため、関東などでは1月11日は「いい日」と読めて縁起がいいとされ、11月11日に「鏡開き」を行うようになったと言われている

「しめ縄」と「門松」は地域によっても異なるが関東などでは1月7日に取り外すのが一般的とされている

昔から全国的に「しめ縄」や「門松」は旧暦で月が変わる1月15日に取り外していた

しかし、1662年に江戸で「しめ縄」や「門松」に火が移る火事が相次いだことから、江戸幕府が「1月7日に正月飾りを取り外すこと」とお触書を出した

それ以来、「しめ縄」や「門松」は1月7日に取り外すようになったと言われている

 

【minnano編集部】
12月13日は「鬼宿日」だったり、20日は徳川家光の月命日だからと鏡開きの日が変更になったり、火事が相次いだことから「しめ縄」や「門松」を外す日が早まったり、知らなかった面白い事実がいろいろ!

お正月の準備や片づけをしながら、お子様やお孫さんにお話しされてみたら喜ばれるのではないでしょうか?

みなさんの感想やエピソード、疑問などレポして下さると嬉しいです!みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2018年12月18日放送)」をチェック!!専門家のわかりやすい解説と出演者のトークが楽しめますよ!!

(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)