【この差】昔と今の「オレオレ詐欺・振り込め詐欺」の差

専門家:中島正純(元大阪府警 捜査二課 刑事)

 

【昔と今の「オレオレ詐欺・振り込め詐欺」の差】は…

 「警察の対策」と「詐欺グループの進化」

 

【この差】のポイント!

 2003年の「オレオレ詐欺」から進化しているので、詐欺の実態と対策を知って、被害にあわないようにする。

 

なぜ未だに振り込め詐欺の被害にあうのか?

そもそも「振り込め詐欺」は、2003年頃にうまれた「オレオレ詐欺」から急増し始めた。

2017年の調査によると詐欺の被害件数は、年間1万8000件。

被害額(2017年)は、390億円にも及ぶ。

なぜ未だに「振り込め詐欺」に引っかかるのかというと、2003年頃の「オレオレ詐欺」から、大きく4回進化して、手口が巧妙になっているため、被害が増え続けている。

そこで、警察は被害者をださないために、どのような対策をとったのか。

 

2003年 オレオレ詐欺

「オレオレ詐欺」は、「オレオレと息子になりすます手口」。

そこで、警察は対策として、「家族の合言葉」と言うように推奨した。

突然、息子を名乗る男から連絡があっても、「今度どこへ連れて行ってくれるんだっけ?」など、事前に決めておいた「合言葉」の内容は、犯人は正確に答えることができないので、被害を未然に防ぐことができる。

 

2005年 劇場型振り込め詐欺

「オレオレ詐欺」の対策であった「合言葉」を使わせない手口が生まれた。それが「劇場型振り込め詐欺」。

犯人は「家族の合言葉」を使わせないために、警察や弁護士など、家族以外の第三者になりすまして電話をかけてくるようになった。

さらにより相手を信じ込ませるために、「複数人で詐欺を行う」様になった。

この複数人で演じる手口が、まるで劇場のお芝居のように見えるため、「劇場型振り込め詐欺」と呼ばれるようになった。この手口でお金を振り込んでしまう高齢者が急増した。

【警察の対策】

そこで、警察は対策として、金融機関と協力して、ATMの振込ボタンを押した時に、「振り込め詐欺への注意画面」を出すようにした。


 

2007年 振り込んであげる詐欺

「劇場型振り込め詐欺」の対策であった「ATMの注意画面」を気にさせない手口を生み出した。それが「振り込んであげる詐欺」。

2006年に発生した「年金記録問題」。実際に多くの人への年金を返金していた。

犯人グループは、これまでのように「お金を振り込んでくれ」ではなく「お金をあげますという手口」に進化させた。

被害者は、お金を振り込んでもらえると思い込んでいるので、「注意画面」が出ても自分には関係ないと無視して、先に進んでしまう。

さらに犯人グループは、銀行が閉まる時間ギリギリに電話をかけて焦らせ、冷静な判断ができないように追い込む。

ATMに着いたら電話をさせ、操作を指示。その際に「○○さんへの還付金をお振込みしますので、お振込ボタンを押してください」と、本来相手に対して「振り込む」際に利用する「お振込みボタン」を、お金が自分に振り込まれるかのように誘導され、疑いなく「お振込みボタン」を押してしまう。

次に「○○さんの年金の整理番号を伝えるので、絶対に間違えないように」と指示。実際に犯人が伝える年金の整理番号こそ、「犯人の口座番号」。

またこの手口は、現在も「医療費」や「保険金」などを返金しますとうたい現在でも多くの被害が出ている。

【警察の対策】

そこで、警察は対策として、金融機関と協力し、2つの対策を実施。

まず1つ目の対策は「銀行ATMでの1日の振り込み限度額を設定」。現金の場合は、10万円まで。キャッシュカードの場合は、100万円までとした。

2つ目の対策は「ATMの近くで、10秒以上携帯電話で話をすると携帯電話の電波を感知してアナウンスが流れる防止装置を設置」。

この装置は、東京シティ銀行をはじめ、全国35の金融機関で設置され、詐欺を事前に防いでいる。

 

2013年 レターパック詐欺

犯人グループは、銀行ATMを使わない手口を生み出す。それが「郵送させる詐欺」。「レターパックに入れて郵送する」ように指示する手口。

「レターパック」とは、2010年に登場した郵便サービス。コンビニなどでも手軽に買え、ポストに投函するだけで郵送できるため、金融機関のATMを使わせないようにした。

【警察の対策】

そこで、警察は対策として「レターパック」に、「レターパックで現金を送れ」はすべて詐欺ですと明記するようにした。そもそも「レターパック」で現金を送ること自体、郵便法で禁止されている。

記載箇所は、封を閉じる前と後の2カ所に「注意喚起」を明記した。

 

2016年 手渡し型詐欺

犯人グループは、「レターパック」で現金を送れなくなったので、直接現金を受け取りにくる手口が生まれた。

さらに警察を名乗り「だまされたふり作戦」の協力を依頼されたことで、現金を渡してしまう手口。

【警察の対策】

実際に警察でも「だまされたふり作戦」を依頼することはある。

しかし、警察から依頼することはなく、あくまでも「市民から相談があった場合のみ行う」こと。

そして、犯人に渡すお金は「警察が用意したおもちゃのお金を使う」こと。そのため、「本物のお金を渡してくれ」と言われたら詐欺。

 

2019年 注意した方がいい最新詐欺① クレジットカード詐欺

手口は、カード会社を名乗る犯人から、クレジットカードの不正利用に関する電話がくる。

その後、銀行を名乗る犯人から連絡があり、その後、クレジットカードの交換手続きと説明し、直接訪問。交換手続きに必要な書類として、暗証番号などの必要情報を記載するように指示し、あわせて保護シールを渡すことで安心感を与え、必要な情報とクレジットカードを受け取る手口。

【被害にあわないポイント】

この詐欺のポイントは、まず「銀行の職員がカードの交換で自宅に来るということは絶対にない」ということ。もし問題があれば、クレジットカードをハサミで切る等の指示がきて、別途新しいカードが郵送で送られてくる。

 

2019年 注意した方がいい最新詐欺② オリンピック詐欺

手口は、オリンピック関連の団体を名乗る犯人から、優先販売に関する電話がくる。その後、チケット販売会社を名乗る犯人から連絡があり、優先販売の額よりも高い金額での買取を相談される。

その後、オリンピック関連団体を名乗る犯人から連絡があった際に購入意思を示し、お金を振り込んでしまう手口。

【被害にあわないポイント】

この詐欺のポイントは、まず「オリンピックのチケットはまだ販売されていない(2019年1月15日、放送時点)」ということ。販売開始後も、正規販売窓口から購入することがオススメ。

 

すべての振り込め詐欺に有効なオススメ対策

「自動通話録音機」を電話機につなぐことで、着信時に「この電話は振り込め詐欺などの犯罪被害防止のため会話内容が自動録音されます。これから呼び出しますので、このままお待ちください」とメッセージが流れる。

そのため、自分の声を残したくないと思う犯人たちを撃退することができる。インターネット上で購入できたり、自治体によって無料貸し出しをしているところもある。

 

【minnano編集部】
「オレオレ詐欺」はよく知っていましたが、いろいろな「振り込め詐欺」があることを改めて知りました。

他人ゴトだったり、わかったつもりだけでなく、家族で協力して対策を理解して、実践することが、被害者にならないために必要ですね。

みなさんの感想やエピソード、疑問などレポして下さると嬉しいです!みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

 

※「この差って何ですか?(2019年1月15日放送)」をチェック!!専門家のわかりやすい解説と出演者のトークが楽しめますよ!!

(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)