【この差】テニス 大坂なおみで注目!地名「大阪」と名字「大坂」の差

専門家:関和彦(日本地名研究所 所長)、髙信幸男(名字研究家)

 

【この差】は…

 〇 地名の「坂」の縁起が悪いと考え変えた「大阪」
 〇 名字の「大坂」は、「大坂屋」から付けた「大坂」 か どうか

 

【この差】のポイント!
 「大坂屋」は、北海道や東北・北陸地方の商店の屋号。主に大阪からの物資を販売していた商店。

 

名字の「大阪」と「大坂」、世帯数はどちらが多い!?

NTTの「ハローページ」で確認したところ、「こざとへん」の「大阪」は113世帯で、「つちへん」の「大坂」は2061世帯と、圧倒的に「大坂」が多かった。

 

なぜ地名の「大阪」は、「こざとへん」なのか?

現在の大阪府は「こざとへん」の「阪」ですが、かつて大阪の「サカ」は「坂」を用いていた。

そもそも現在の大阪府のあたりが、「オオサカ」と呼ばれるようになったのは室町時代の頃といわれている。室町時代、当時の「摂津国(せっつのくに)」に浄土真宗の僧侶「蓮如(れんにょ)」が寺を建てた。

その寺の近くに大きな坂があり、「大きな坂がある寺」ということから、「大坂御坊(おおさかごぼう)」(※御坊=寺)と呼ばれるようになった。

その後、安土桃山時代になると、天下統一を果たした豊臣秀吉が「大坂御坊」の跡地に「大阪城」を建てた。現在は「大阪城」と表記されているが、当時は「大坂城」と表記されていた。

江戸時代になると「大坂」の「坂」は縁起が悪いとされ、「阪」に変えるようになった。

なぜ「縁起が悪い」かというと、「坂」は「土+反」でなりたっており、「つちにかえる」、つまり「死を連想させる」と考えられたため。

明治時代には、「大阪府 府令」(明治2年)が発令され、正式に「大阪」となった。

 

なぜ名字は縁起が悪いとされた「大坂」が多いのか?

多くの方が「大坂だった頃に、その辺りに住んでいた人たち」が名乗り始めたと思われがちだが、実は違う。

実際に「大坂」という名字の住んでいる方の住所を調べると、主に北海道や東北・北陸地方に多いことがわかった。実はテニス選手の大坂なおみ選手も、おじい様は北海道の方。

江戸時代の頃、北海道や東北・北陸地方には、「大坂屋」と言って、「北前船」によって運ばれた「大坂から仕入れたモノ」を売るお店があった。

そして、そのお店を営んでいる人たちが、「大坂」という名字を名乗ったと考えられる。

名字を変えなかった理由としては、すでに大坂屋が繁盛していたため、「今さら変えられない!」ということで、屋号と同じ「大坂」をそのまま名字にする人が多かったと考えられる。

 

【minnano編集部】
テニスの全米オープンを優勝し、世界のトッププレイヤーとなった大坂なおみ選手、また大阪府も外国人観光客に人気のスポットで、地名も名字も日本だけでなく世界から注目されていますよね。

編集部もてっきり大阪府周辺に住んでいる方と思っていましたが、世帯数としては圧倒的に少なく、意外でした。みなさんも気になる差があったら教えてください。

みなさんの感想やエピソード、疑問などレポして下さると嬉しいです!みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

※「この差って何ですか?(2019年1月29日放送)」をチェック!!専門家のわかりやすい解説と出演者のトークが楽しめますよ!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)

free