【この差】司会の加藤浩次オススメ!!「おつまみ」と「酒の肴」の差

専門家:神永曉(日本国語辞典 元編集長)

 

【この差】は…

 「酒の肴」は「酒を飲みながら食べるモノ」全般、「おつまみ」は「手でつまんで食べられる簡単なモノ」か どうか

 

【この差】のポイント!

 〇 「魚」を「さかな」と読むようになったのは、「酒の肴(さかな)」にピッタリだったため

 

「酒の肴」と「おつまみ」は、本来どのようなモノを指すのか?

 

先に使われ出したのは「酒の肴」


「酒の肴」の方が先に使われだしていて、奈良時代には使われていた。

その頃に書かれた『常陸国風土記』には、「肴(さかな)」という言葉が登場。

それでは、奈良時代の「酒の肴」とは、どのようなモノだったのか?

奈良時代に酒と一緒に食べられていたのは、あらめの「塩」、大豆、塩、麹等を発酵させた「醤(ひしお)」、魚の「塩辛」、「貝の干物」、柿や梨といった「果物」、栗や胡桃といった「木の実」などで、当時はこのようなモノを「酒の肴」と言った。

「肴(さかな)」という言葉の語源とは?


「肴(さかな)」という言葉は、「さか」が「さけ(酒)」を意味し、「な」が「おかず」を意味している。要するに、「肴」とは酒を飲む時に食べる料理のこと。

「さかな」は本来「酒を飲む時に食べる料理」であり、その後、中国から伝わった「酒を飲む時に添える料理」という意味の「肴(こう)」をあてられた。

つまり、「酒を飲みながら食べるモノ」であれば、料理の種類に関係なく、全てが「酒の肴」。


「おつまみ」とは?


「おつまみ」という言葉は、平安時代から室町時代にうまれたと言われている。

その当時、酒と一緒に食べられていたのは、奈良時代同様、「塩」、「醤(ひしお)」、「塩辛」、「貝の干物」、「果物」、た「木の実」。ほかにアワビ等の魚介類の「蒸し物」、野菜の「煮物」、鴨や雉といった「焼き物」など。

このなかで、「おつまみ」と呼んでいたのが、「塩」、「貝の干物」、「果物」、「木の実」だった。

これらは、箸を使わず「手でつまんで食べるモノ」だから「おつまみ」。

そして、これらのモノは「調理せずに出せる」ため、「肴(さかな)」と区別して呼ばれるようになった。

当時は「手でつまんで食べるモノ」を「つまみもの」と読んでいたが、その後、丁寧語の「お」が付いて「お+つまみもの」、「おつまみ」と呼ばれるようになった。

つまり、今でいうと「枝豆」や「あたりめ」のような手でつまんで、簡単に食べられるモノが、「おつまみ」といえる。


「酒の肴」と「魚」の驚きの関係とは?


「酒の肴」と「魚」は実は大きな関係がある。

実は江戸時代以前は、水の中を泳ぐ生き物の事を「さかな」とは呼ばず、「うお」と呼んでいた。当時「魚」という漢字は、訓読みで「うお」、音読みで「ぎょ」と読んでいた。

江戸時代になると「江戸湾」、今の「東京湾」で漁が盛んに行われるようになり、江戸前の「魚(うお)」が庶民でも簡単に手に入るようになった。すると、酒と一緒に食べる料理として、刺身や焼き魚などの魚料理が人気になり、よく食べられるようになった。

そのため、酒を飲む時に食べる「酒の肴」といえば、「魚(うお)」の印象が強くなった。

そして、次第に「魚(うお)」を「さかな」と呼ぶようになった。つまり、「魚」のことを「さかな」と言っているのは、「酒の肴(さかな)」からきている。

 

【minnano編集部】
司会の加藤浩次さんも絶賛の差でしたね。確かに「魚」を「サカナ」と呼ぶようになるきっかけが「酒の肴」とは驚きました。

確かに「お酒」には「魚」は合いますよね。浅野ゆう子さんもコメントされていましたが、「酒の肴」には「話のネタ・話題」のような意味もあり、是非、このネタも話してみたいですね。ただ、私の家族や知人は、「この差って何ですか?」の視聴者なので、別の機会となりそうです。

みなさんの感想やエピソード、疑問などレポして下さると嬉しいです!みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

※「この差って何ですか?(2019年2月19日放送)」をチェック!!専門家のわかりやすい解説と出演者のトークが楽しめますよ!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)

free